金融転職 ファンド・M&A転職、公認会計士転職のムービン

転職支援サービスのご紹介   無料転職サポートのお申込み



組織人事コンサルタント転職 トップ >  人事コンサルタントについて >  組織人事コンサルタントの業務領域/職種

組織人事コンサルタント転職 トップ >  人事コンサルタントについて

人事コンサルタント

人事コンサルタントについて

急伸する組織人事関連コンサルティングニーズ

  • 「新たな成長戦略は描けたけれど、現場が思い通りに動か(け)ない…」
  • 「IT投資には先手を打ってきたはずが、どうも成果に結びついていない…」
  • 「数年前に鳴り物入りで導入した実力主義評価制度、綻びが目立ってきた…」
  • 「今はなんとか勝ち残れているが、次代を担える経営者人材が育ってこない…」


マクロ景気・企業業績の回復を示すニュースが多く聞かれるようになった一方で、個別企業からは上記のような、今後の成長にとっての懸念事項を危惧する声も依然多く聞かれます。

そのような声に真摯に耳を傾け、課題解決支援に邁進しているのが「組織人事コンサルタント」です。

組織人事コンサルタント」というと、一般的には人事制度構築や労務管理の専門家と括られがちですが、実態はそれにはまったく限りません。
企業の描いた戦略、導入したITや評価制度がきちんと機能するように、「人」の意識変革~スキル育成を支援したり、「組織」としてのサバイバル能力・マネジメント能力の開発を支援したりと、ハードだけに留まらずソフト面の変革支援までもトップマネジメントの視点・全社最適の視点から手掛けています。

「コンサルタント=経営のプロ」というイメージが強いかと思いますが、「コンサルタント=人と組織の成長を支援するプロ」という定義も是非そこに加えてイメージしていただければと思います。

組織人事コンサルティングとは

組織人事コンサルティングとは、企業の組織ビジョン・人事戦略の策定~人事制度構築・導入等、 "人と組織を変えることで企業を変える"ことを専門的に手掛けるコンサルティングです。

特に大手のファームでは、グローバル人事戦略や、M&Aにおける組織統合、企業年金に関するコンサルティングといったことをそれぞれ専門に担当する部門があり、顧客企業の人事上のあらゆる問題に応えられるようなサービスを網羅しています。

社内的にはなかなか手を入れ難い人事問題には外圧が必要なときもあり、特には外資系・日系大手~中堅企業といった顧客に重宝されているようです。

最近は成果主義人事や次世代リーダー育成、企業再編・再生といったテーマでの依頼が多く、人事上の制度構築に留まらずに、導入前の組織・風土変革や導入後の定着化といったことにも踏み込んだ取組みが求められており、人事企画系の実務経験者だけでなく、経営企画や社内業務改革タスクフォース経験者他領域での変革コンサルティング経験者などにも人材ニーズが高まってきています。

チェンジマネジメント系コンサルティングとは

「戦略を立案しただけでは、そもそも社員が実行しないのに成果が出ない」そんなクライアントニーズから誕生した社員の意識・行動変革まで含めて変革を仕掛けていく新しい分野のコンサルティングです。

「大事なのは分かるけど、社員の意識をどう変えるの?人事制度を変えるの?」と思われる方も多いかと思いますが、業務改善などを通して成功体験を組織内に生み出し、それを契機に組織体質を変えていくというアプローチをとることが多いです。

つまり人事制度を構築するというコンサルティングとは異なり組織や個人の実行力にスポットを当てて、「やるべき事をあたりまえに実行できる組織」に導くというアプローチになります。

しかも組織の意識改革や行動変革だけではなく、その変革を定量的 成果・業績に結びつける(コミットメントする)というサービスが特徴です。

現在は、企業再生やM&A後の組織統合分野でのニーズも高く、業界内で大きな注目を集める成長分野となっています。
また、戦略系コンサルファームや組織人事系コンサルファームの方でも、当該分野のノウハウを取り入れようという動きも活発です。

ポストキャリアとしては、事業会社のプロ経営者・経営幹部・チェンジリーダーやターンアラウンドマネージャーといったポジションが考えられます。