組織人事コンサルティングのプロジェクト内容

 

私は現在、大手企業の海外企業M&A(買収)に伴う人事統合プロジェクトに関わっています。
今回の人事統合コンサルティングは日本だけではなく、グローバルの主要拠点に跨るプロジェクトで、日本のコンサルタントに加え、海外オフィスのコンサルタントも関与しており、組織人事系のプロジェクトとしては大型プロジェクトになりますね。 買収相手が海外企業ということもあって、人事制度も企業文化も大きく違うし、と結構大変なんですが、グローバル人事戦略をどうするか?という根幹の部分から関わることができて、非常に勉強になりますね。

組織人事コンサルタントとしての具体的なプロジェクト内容ですか・・・
そうですね、過去やった 次世代リーダー育成プロジェクトをご紹介したいと思います。
クライアント企業の経営環境が大きく変わっていく中で、経営のスピードも今まで以上に求められており、次期経営リーダーを育成することが経営課題として重要視されることになりました。
単なる 経営知識を学ぶ研修ではなく、アクションラーニングの手法を活用し、実践の場も織り交ぜることによって、リアルな経営課題を扱う次世代リーダー育成ワークショップに仕上げました。

グローバル組織人事コンサルタントとして非常に印象深いプロジェクトは、グローバル役員報酬制度設計プロジェクトですね。
このプロジェクトの背景としては、クライアント企業において 今後 現地は日本人ではなく、現地の幹部社員に任せていく、という方針に変更になり、どうしたら、優秀な外国籍の幹部社員を採用できるのか?育成/定着化するのか?という大きな課題があり、 グローバル役員報酬制度を大幅に見直したプロジェクトです。
まだコンサルタントとしては若手の私が 大手企業の役員クラスにインタビューして、非常に緊張したのを今でも覚えています。

私は組織人事コンサルタントして、人事制度改革、人事M&A、人事PMI、人材育成体系構築、組織開発(OD)、人事BPRなど幅広いテーマに関わってきましたが、その中でも組織変革としての部門間連携プロジェクトを簡単にご説明します。 あるクライアントは新たな競合の出現、顧客ニーズの多様化などにより、業績が落ち込み、立て直しのために、成果主義の人事制度導入など新しい手を打ってきましたが、なかなか成果が上がらず、弊社がコンサルタントとして入りました。 いろいろと分析した結果、各々組織が個別最適に陥っており、業務全体のスピードや生産性が大きく低下していることが判明しました。
この組織変革プロジェクトでは、組織間の壁を打ち破り、経営効率をあげるべく、各組織の部課長を一同に集め、数カ月に及ぶワークショップを展開していき、最終的には経営陣も巻き込んだ全社横断的な組織変革プロジェクトになりました。

現役 組織人事コンサルタントが語る「組織人事コンサルタント」 メニュー一覧

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。