金融転職 ファンド・M&A転職、公認会計士転職のムービン

転職支援サービスのご紹介   無料転職サポートのお申込み



トップ >  人事転職コラム >  人材育成/研修関連 >  教育研修会社の活用 -人事の仕事(人材育成/研修関連)-

教育研修会社の活用 -人事の仕事(人材育成/研修関連)-

研修体系の構築でも述べましたが、研修内容については、社員に求める能力やスキル等から適宜見直しを行う必要があります。社内で企画する研修もありますが、教育研修会社へのアウトソーシングを行うこともリソースの面から検討します。
研修企業を選定する際のポイントとしては、
① 研修内容
② マテリアル(教材)
③ 講師
について、それぞれの品質を確認することが挙げられます。これらについては、公開研修の場合は管理者や研修担当者が事前に参加することによって評価することが可能です。会社によっては、担当者向けの「お試しセミナー」を用意しているので、積極的に受講するとよいでしょう。
公開研修でない場合でも. 事前に参考となる研修資料やマテリアルの提出を求め、担当予定講師が行う他セミナーの講義を聞くことができるでしょうし、同様の研修を他社で実施している場合には、他社担当者から評価を聞いたり、許可を得ることができればその研修を見学させてもらったりすることも出来ます。
また、研修会社を選定する場合には、自社向けにどの程度内容をカスタマイズできるのかも重要なポイントとなりますが、それ相応の費用がかかる点に留意し、研修による費用対効果を見極めながら選定することが重要です。なお、研修の提供方法も集合研修に加え、現場での問題解決を基本とするアクションラーニングや、通信教育、またe-ラーニングも有効な選択肢です。