金融転職 ファンド・M&A転職、公認会計士転職のムービン

転職支援サービスのご紹介   無料転職サポートのお申込み



組織人事コンサルタント転職トップ >  人事転職コラム >  【コラム】組織構造を変化させる要因 - 内部要因 -

人材マネジメント・人事システムについて 組織人事コンサルタント転職コラム

組織構造を変化させる要因 - 内部要因 -

【経営戦略】


組織構造は戦略に合わせて、それを実現するために選択する必要があります。



【タスクの特性】


従業員のタスクによって、その組織構造が決められます。

例えば、生産現場の管理のような定型的なタスクを担当している従業員は、上司からの明確な指示や頻繁なコミュニケーションを望んでいる場合が多く、集権的な組織構造のほうが業績の向上につながりやすい。一方、研究開発部門など新製品開発を担うタスクに携わっている従業員はいちいち本社の了解を取らなければいけない構造ですと、仕事が進まないため上記のような組織構造はそぐわないでしょう。



【リーダーシップスタイル】


経営者のリーダーシップスタイルも組織構造に影響を及ぼします。
権限を上位管理者に集中させる場合には組織構造が適しています。



【組織文化】


外部からわかりにくい組織文化的な要因が影響していることもあります。
たとえば、伝統的に製造部門のほうが販売部門より発言力を持っているような企業では、意思決定の権限や指揮命令系統が製造部門に過度に集中していたりする。