金融転職 ファンド・M&A転職、公認会計士転職のムービン

転職支援サービスのご紹介   無料転職サポートのお申込み



組織人事コンサルタント転職 トップ >  インタビュー >  コーン・フェリー・ヘイグループ ディレクター 山口 周氏 インタビュー

コーン・フェリー・ヘイグループ ディレクター 山口 周氏 インタビュー

コーン・フェリー・ヘイグループ ディレクター 山口 周氏 インタビュー

ヘイグループの概要:世界で70年、日本で35年の歴史とグローバルネットワーク

山口 周 Shu Yamaguchi
コーン・フェリー・ヘイグループ株式会社 ディレクター
電通、ボストン・コンサルティング・グループ、A.T.カーニー等を経て、ヘイグループに参画。
消費財、メディア、流通、情報通信等、幅広い業界対して、事業戦略策定、人材活性化、イノベーション促進等のテーマで豊富なコンサルティング経験を有する。
慶応義塾大学文学部哲学科卒業、同大学院文学研究科前期博士課程修了。
著書に『グーグルに勝つ広告モデル』(光文社新書)、『天職は寝て待て』(光文社新書)、『外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック』(東洋経済新報社)、『世界で最もイノベーティブな組織の作り方』(光文社新書)などがある。

ヘイグループの概要:世界で70年、日本で35年の歴史とグローバルネットワーク

movin:

本日はお時間を頂き有難う御座います。
まずヘイグループの概要についてお聞かせください。

山口様:

ヘイグループは、全世界に2,600人以上のプロフェッショナルスタッフを抱える世界最大級の人事・経営コンサルティング会社です。1943年の設立以来、70年以上にわたり一貫して人材および組織開発をテーマとして追求しています。職務ベースの処遇制度として知られるヘイシステム、人材開発におけるコンピテンシーやEQなど世界の企業経営に変革を起こす発想や手法を編み出し、これまで世界各地で9,000以上もの企業・団体様を支援してきました。現在は世界約50か国に約90のオフィスを構え、特にリーダーシップ開発では世界トップのシェアを占めています。

日本では1979年以降、すでに35年にわたりビジネスを展開しています。現在の社員数は30~40代を中心に約60名で、国内大手企業を中心にさまざまな課題解決や変革支援を手がけています。戦略系・人事系コンサルティングファームや事業会社の人事部門の出身者が比較的多いですね。

movin:

すでに国内外で長い歴史をお持ちなのですね。現在手がけているプロジェクトのテーマにはどのようなものがありますか?

山口様:

「人事制度の設計」「リーダーの育成」「組織のデザイン」の3つが主流のテーマです。1つめの人事制度の設計は1980年代から継続して取り組んでいる領域です。

リーダー育成と組織デザインの2つは近年急速に依頼が増えている分野です。リーダー育成では、管理職になりたての課長レベルから役員クラスまで、次世代の経営幹部の育成を支援しています。失われた20年を過ごしてきた今の20~30代は成功体験、ひいてはチャレンジする「打席」に立った機会が少なく、このような経験の少ない社員の中からいかに重要なポジションの後継者を育てるかが企業の喫緊の課題となっています。

組織デザインの面では、日系企業のグローバル化への対応が多く、特に買収や合併などを通じて海外進出を果たした後のグローバル組織をどのように設計していくのか。その組織デザインをヘイグループの海外オフィスと連携しながら支援しています。

次のページ > ヘイグループの強み

ヘイグループ求人特集

コーン・フェリー・ヘイグループ 関連情報