組織人事コンサルタント転職 トップ >  求人情報 >  年金コンサルタント 求人特集

求人特集
年金コンサルタント 求人特集

年金コンサルタント 求人特集

年々注目を浴びている年金コンサルティングですが、その背景には、外的要因も多いことや、人事制度の中で年金制度は最も複雑な制度の一つとなっていることから、大企業をはじめ中小企業でもコンサルティングサービスを導入する企業が増えています。
今回は、ポテンシャル採用で積極採用中のコンサルティングファームも含めご紹介していきますので、もしご興味のある求人や、年金コンサルタントにご興味のある方はお気軽にご相談して頂ければ幸いです。

まずはキャリア相談や、ざっくばらんに転職市場についてお話しさせて頂くことも可能ですので、事業会社人事ポジションや、経営コンサルタントなどにご興味のある方は是非一度ご相談頂ければ幸いです。

求人一覧

  1. アクチュアリー科目合格者歓迎!企業年金分野に興味を持っている方を積極採用!
  2. 大手監査法人のコンサルティング部門で年金コンサルタントを募集!
  3. 人事コンサルでは日本最大規模の大手ファームでコンサルタントを募集!
  4. 大手銀行をバックに持つシンクタンク:年金制度コンサルタント
  5. 企業年金の数理業務経験者を募集!

アクチュアリー科目合格者歓迎!企業年金分野に興味を持っている方を積極採用!

会社概要 大手監査法人のアドバイザリー部門
ポジション 年金コンサルタント
業務内容 ●コンサルティング
・退職金制度、年金制度(確定拠出年金を含む)の構築
・アセットマネジメント(年金資産ポートフォリオ、確定拠出年金(投資教育)など)

●M&A関連
・M&A等に関わるDD(デューデリジェンス)における退職給付債務の査定など
応募条件 ・アクチュアリー会正会員または準会員・科目合格者
●金融機関(都銀、信託、生保等)での業務経験3年以上
●企業年金分野に興味を持っていること
●アドバイザリーコンサルタント志向であること
●好奇心旺盛であること(理数系、英語アレルギーがないこと)
●社会保険労務士、証券アナリスト、DC(確定拠出年金)アドバイザーもしくはDCプランナー

既にご登録頂いている方は、担当コンサルタントまでご連絡ください。

新規ご登録の方はこちらよりご登録ください。

大手監査法人のコンサルティング部門で年金コンサルタントを募集!

会社概要 大手監査法人のコンサルティング部門
ポジション コンサルタント
業務内容 【年金関連】
・事業法人に対する退職給付関連アドバイザリーサービス及び監査
応募条件 業務内容に準ずる経験をお持ちの方

既にご登録頂いている方は、担当コンサルタントまでご連絡ください。

新規ご登録の方はこちらよりご登録ください。

人事コンサルでは日本最大規模の大手ファームでコンサルタントを募集!

会社概要 経営戦略の策定から実行まで総合的に取組むコンサルティング部門を提供する国内最大規模のコンサルティングファーム。
ポジション 年金コンサルタント
業務内容 ●年金コンサルティング
・退職給付制度設計
・年金ALM(資産・負債の総合管理)
・退職給付会計計算
・グローバル年金マネジメント
・グローバルアクチュアリーサービス
・年金ガバナンス
・DCコンサルティング
・総幹事業務

●財務リスクコンサルティング
・ストック・オプションの評価
・M&Aデューデリジェンス/オーディット
・カスタマー・ロイヤルティ・プログラム

【業務の魅力】
●国内外の数多くの優秀なアクチュアリーたちと協働できる機会が豊富にあります。
●他部門との連携の中で、組織・人事分野における知見、経験を積むことが可能です。
●コア事業以外にも新しいビジネスを積極的に展開していこうとしており、そのいち担い手として業務を担う事ができます。
応募条件 【求められるスキル】
●アクチュアリーとしての業務経験を有する方
※日本の生保業界に深い知見を有する方であればアクチュアリー資格は不問です

【尚可要件】
●年金に対する深い知見
●クライアントへ適切な提案および交渉ができる営業力をお持ちの方
●ビジネスレベルの英語力

【求める人物像】
●コミュニケーション能力
●プロジェクトマネジメント能力
●セルフブランディングが可能な方

既にご登録頂いている方は、担当コンサルタントまでご連絡ください。

新規ご登録の方はこちらよりご登録ください。

大手銀行をバックに持つシンクタンク:年金制度コンサルタント

会社概要 大手銀行をバックに持つシンクタンク
ポジション 年金制度コンサルタント
業務内容 会計・年金財政両面からアプローチした年金制度コンサルティング業務並びにその顧客開拓に向けた提案活動
現行制度の定性・定量分析、制度全般の改革案の検討と新制度の設計、新制度導入後の会計・年金財政上 影響シミュレーション、退職給付債務の計算環境構築サポートなど

○特徴:総幹事、運営管理等の年金関連ビジネスを兼業しないコンサルティング専業としての中立性
応募条件 【必要な能力・経験】以下のいずれか必須
1.企業における年金制度構築、財政計算等年金コンサルティング業務の経験者
2.信託・生保等での年金関連諸業務経験者

○英語力:ビジネス会話程度は必要
○資格:年金数理人、日本アクチュアリー会会員資格等

既にご登録頂いている方は、担当コンサルタントまでご連絡ください。

新規ご登録の方はこちらよりご登録ください。

企業年金の数理業務経験者を募集!

会社概要 退職給付制度を中心としたアドバイザリー・サービスを提供するコンサルティングファーム
ポジション 企業年金コンサルタント
業務内容 主に大きく分けて下記(1)(2)二つの業務をご担当頂きます。

(1)退職給付債務(PBO)計算/退職給付債務(PBO)及び退職給付費用等の計算を同社の持つシステムを使って算出します。また、算出した情報をデータ等受領後2週間でクライアントへの報告を行います。
準会員くらいになれば、営業、経営に関与しながら年金サービスをどういった業界に売り込んでいけるか、を考えられる人になって欲しい

(2)企業年金コンサルティング/実績データに基づく現状分析を行い、検討課題を洗い出した上で、複数の変更プランの提案を行います。また職務の割合としては、社内における分析・レポーティング等が7割、お客様先への訪問・報告等が3割程となっております。

一人当たり3?4社程担当してもらいます。セミナー開催や業界誌への論文掲載などを通して、継続的に新規顧客を獲得しています。また一度サービスの提供を行ったお客様に対しても、必要に応じてメンテナンスに伺うなど、長期的な関係を築いています。
応募条件 ■応募条件
【学歴】大学院、大学卒以上

【応募資格(必須)】企業年金の数理業務の経験を2年以上お持ちの方

【歓迎条件】
・アクチュアリーの資格保持者または科目2科目以上の保持者
・対人コミュニケーション能力を生かし勤務出来る方
・ビジネスレベルの英語力(外資系企業の案件もあるため)

【必要な資格】
・アクチュアリー

既にご登録頂いている方は、担当コンサルタントまでご連絡ください。

新規ご登録の方はこちらよりご登録ください。

▲TOPへ