組織人事コンサルタント転職トップ >  人事コンサルタントについて >  組織人事コンサルタントへのキャリアパス

組織人事コンサルタントへのキャリアパス

組織人事コンサルタントへのキャリア 様々な職歴・キャリアの方がコンサルタントに

組織人事コンサルタントになるにはどのような経験が求められるのでしょうか。
以下では、様々な職歴の方が組織人事コンサルタントになっているかについてご紹介します。

職歴・バックグラウンド別のコンサルタントへのキャリアパス

詳細はこちらから

組織人事コンサルタントから組織人事コンサルタントへ

組織人事コンサルタント経験者は他社の組織人事コンサルティングファームからも即戦力として期待されています。
経験者の転職理由は様々で以下のようなお話をよく聞いております。


【案件の内容】 ・業務系・IT系の領域中心から、より人事戦略・制度領域中心の案件が多いファームへ
・戦略領域中心からチェンジマネジメントや人材開発・組織開発などのファームへ
・国内案件中心から英語を活かせるグローバル案件の多いファームへ
・組織人事のブティックファームから会社として幅広いソリューションを提案できる総合系ファームへ


【風土】 ・競争の激しい外資系から穏やかな社風のシンクタンク・国内系へ
・シンクタンクから成果主義の強い外資系へ

などがあります。

詳細はこちらから

戦略・その他コンサルタントから組織人事コンサルタントへ

組織人事コンサルタント以外でもコンサルティング経験者はプロジェクトベースでクライアントの課題に解決してきた経験を持っているため、仕事の進め方を理解しており、コンサルタントに必要なマインドとベーススキルを既に身につけている方が多いため、歓迎されることが多いです。また、コンサルティング経験があるため、入社後に想像していたものと違うというミスマッチも少ないようです。

また、戦略コンサルファーム出身者を中心に自らが組織人事コンサルティング会社を起業している事例も多くあります。戦略コンサルタントとして日々企業の戦略立案に向き合っていく中で実際に戦略を実行する主体である社員や組織に興味を持ち、設立していることが多いようです。

詳細はこちらから

Sierから組織人事コンサルタントへ

組織人事コンサルティングファームの案件の中には、総合系ファームを中心に、人事BPR、シェアードサービス化、ERP導入などの案件もあります。

その為、ERPやe-learningシステムの導入・運用、企業のIT戦略構想策定などSierでの経験が活かせる場面も多くあります。自分の経験領域を面接でアピールし、組織人事コンサルティングファームに入社後、IT以外の領域も経験し、組織人事コンサルタントとしての幅を広げていくキャリア事例は多くあります。

詳細はこちらから

事業会社 人事ポジションから組織人事コンサルタントへ

事業会社の人事の方においては特に、社内で人事課題のプロジェクト(人事制度改定、子会社統合、人事システム導入など)に参画し他経験があると親和性が高いです。
このようなプロジェクトを外部の組織人事コンサルタントと一緒にプロジェクトを進めていればコンサルタントが何をしているか、どんな動きをしているかを理解できるので更によいです。

とはいえ、人事部にいるからといってこうしたプロジェクト経験は誰もが持っているわけではありません。自分が人事部に所属しているタイミングで大きな人事面の変更が起きない場合もありますし、特に大手企業の人事部では若いうちはプロジェクトに参画することができないという話もよく聞きます。

しかし、そのような方でも自分の通常業務の中や人事部内で解決できることはないかを常に探し、自らプロジェクトを立ち上げて問題解決・改善をした経験があれば面接官への良いアピールとなります。一方で大手企業の人事部で人事制度改定に携わっている方でも組織人事分野への興味関心が薄く、言われたことだけをやっていたような方は組織人事コンサルタントになることは難しいです。
日常的に組織人事課題と向き合いながら自社だけでなく世の中の組織人事課題に対しても強く関心を持つ方はやはり組織人事コンサルタントに向いています。

詳細はこちらから

事業会社 企画ポジションから組織人事コンサルタントへ

人事部に所属していなくても企業の中では組織人事の課題に携わることはあります。経営企画部や社長直下の組織でM&Aや企業理念の浸透、社内の業務標準化などの業務に取り組んだ経験、営業部門やコールセンターなどで多くの社員のマネジメントを担当し、採用・教育研修・様々なモチベーション向上施策に取り組んだ経験などもコンサルティングファームの選考の中では評価されます。
企業に所属している限り、皆さんの周りには組織人事の課題で溢れています。組織人事コンサルタントを目指す方は人事部門に所属していなかったとしても自ら組織人事課題を見つけ、主体的に行動してみることが良いでしょう。

詳細はこちらから

事業会社 営業職から組織人事コンサルタントへ

組織人事コンサルタントの中でも人材育成・研修系、採用系では営業職からの転職も多く目立ちます。
人材育成・研修系の組織人事コンサルティングファームはクライアントの人事部の課題をヒアリングし、どのようなソリューションがよいかを考え提案する外向きの部門と、ソリューションや研修プログラムを開発する内向きの部門に分かれていることが多いです。
外向きの部門における仕事はヒアリング能力、課題認識能力、提案力、交渉力、などのコミュニケーション能力や売上を獲得する力など他業界の営業職と共通の能力を求められるため、営業職から転職される方が多いです。大手企業への営業経験、無形の商材・サービスの営業経験は特に親和性が高いです。

詳細はこちらから

事業会社 マネジメント経験から組織人事コンサルタントへ

若手よりも実績・経験豊富なマネジメント経験豊富な方を好む人材育成・研修系の組織人事コンサルティングファームもあります。人材育成・研修のニーズとして最近は管理職・役員の養成や海外で地元の外国人をマネジメントするための研修などが増えてきています。自分自身がマネジメントにおいて苦労や工夫してきたことがある方は現場で実際に起こることを想定することができます。また、講師として登壇した場合、受講者に向けて説得力が増します。

詳細はこちらから

その他職種から組織人事コンサルタントへ

全く職歴では制限せずに広くビジネス能力の高い方を採用する組織人事コンサルティングファームもあります。こうした組織人事コンサルティングファームの場合は、掲げている企業理念や組織人事領域に対する強い思いを面接の中でかなり確認されます。経験が無いとしても組織人事関連の書籍を趣味のように読んでいる方は可能性があります。
グローバルプロジェクトが多く、英語の利用頻度が高い外資ブティック系のファームなどでは英語の得意な方をポテンシャル採用するケースもあります。

組織人事コンサルティングファームへのキャリアは意外と多くあります。
また、採用の際に組織人事領域に対する強い興味関心、人間性を重視する比重が高い会社が全般的に多いことが特徴的です。ご自身のバックグラウンドからどのようなキャリアがあるのか、そして組織人事コンサルタントとしての適性はあるのか、是非一度弊社までご相談ください。
組織人事コンサルティング業界出身者のキャリアコンサルタントがサポート致します。



人事コンサルタントについて

人事コンサルタントの業務領域/職種

人事コンサルタントの業務領域/職種

人事コンサルタントと言っても、その仕事内容は求められる問題解決シーンによって多岐にわたっています。

求められる人材像(資質と必要なスキル)

求められる人材像(資質と必要なスキル)

組織人事コンサルタントになるには、どのような資質や経験・スキルが必要なのでしょうか?

人事コンサルティングプロジェクト

人事コンサルティングプロジェクト

戦略的人事マネジメントや組織開発など人事コンサルティングプロジェクトについてご紹介致します。

組織人事コンサルタントへのキャリアパス

組織人事コンサルタントへのキャリアパス

職歴・バックグラウンド別に人事コンサルタントへのキャリアパスをご紹介致します。

採用動向

採用動向

最新の人事コンサルタント採用動向です。詳細は弊社までご相談ください!

人事コンサルティング求人情報

人事コンサルティング求人情報

人材育成、研修、組織開発、制度企画、など各社の人事コンサルティング求人情報です。

現役 組織人事コンサルタントが語る「組織人事コンサルタント」

現役 組織人事コンサルタントからの一言

これから組織人事コンサルタントを目指す方へ、現役の組織人事コンサルの生の声をご紹介致します。

人事コンサルタントの仕事

人事コンサルタントの1日・仕事

実際のプロジェクトや、人事コンサルタントの1日をご紹介致します。