人事労務ポジションへの転職

人事労務ポジションで求められる人材像とは

人事労務ポジションで求められる人材

人事労務ポジションは人事部での人事労務業務経験者以外に、アウトソーシング会社や社会保険事務所での人事労務業務経験者を求めています。その他、コンサルティングファームやSierでの人事システム導入・保守経験者などもターゲットとなります。若手であれば社会保険労務士の有資格者、中には勉強中の方を採用するケースもありますのでご興味ある方はまず弊社に一度ご相談いただければ幸いです。

人事労務ポジションの求人情報はこちらからご覧ください。大手企業をはじめ、質の高い求人を掲載しております。

人事労務ポジションの求人情報はこちらから

人事労務ポジションの仕事

人事労務業務は具体的には下記のような業務が挙げられます。

人事管理 (入退者管理、異動管理、辞令対応、異動シミュレーション検討、組織改編案策定・対応、人事考課案策定・運用、等)

2.賃金管理 (給与・賞与計算、賃金制度策定、退職金制度策定、人件費シミュレーション検討、等)

3.就業管理 (勤務スケジュール策定、勤怠管理、休日休暇対応、勤怠情報分析、労働時間制度策定、等)

4.行政等手続き対応 (各種保険手続き対応、年末調整手続き対応、その他各種帳票・証明書対応、等)

5.従業員対応 (福利厚生企画・運用、傷病等対応、キャリア支援、トラブル対応、等)

6.安全衛生管理 (労働災害対応、健康診断等の健康管理業務、その他社内環境整備、等)

7.労働組合対応

上記のように領域が非常に幅広く、他の人事部門や総務部などとの線引きが難しい業務もあります。
1~4の中のルーティン業務についてはアウトソーシング会社に依頼したりERP等のシステムを導入したりすることで、効率化・自動化しているため、アウトソーシング会社やシステム会社との交渉・提案などもあります。
工場を持つメーカーや海外支店・子会社を持つ企業では工場人事部門、海外人事部門として上記のような人事労務管理業務を中心に行うポジションがあります。特に昨今、日本企業のグローバル化に伴い、さまざまな背景を持つ人材の国境を越えた異動や配置が増えています。そこでは日本との慣習の違いや、労務手続きの面によるトラブルも多く、国際間の人事異動(グローバルモビリティ)の考えが重要になってきています。

人事労務担当者のキャリアパスとしては、当該分野を極めて人事労務のスペシャリストになる道、採用や教育などほかの分野も担当して人事分野のゼネラリストになる道、管理職として人事部全体を見ていくマネジメントの道などがあります。その他、会社によっては人事以外のバックオフィスも経験させてバックオフィスのゼネラリストになる道や社内にあるすべての部門へ異動可能性があるゼネラリストの道を用意している会社もあります。

人材開発・育成・研修業務のやりがい

人材開発・育成・研修業務のやりがい

人事労務業務に携わっている方にやりがいを聞くと下記のようなことをおっしゃる方が多いです。

  • 自分の専門知識・スキルを高めていくことができること、また、専門知識・スキルで社員や会社の問題を解決することができること
  • 社長はじめ役員陣や現場社員から困りごとを相談されることが多く、大変だが感謝されたり信頼されたりすることが多いこと。
  • 法改正や就業規則の改定など日ごろから多くの仕組みや制度の構築・改善に携わる機会があること。
  • 自分の考えた施策が会社に発信され、全社に影響を与える仕事ができること。
  • 会社の代表として従業員や行政と関わることが多いため、プレッシャーも大きいが、その分責任感、やりがいも大きい。

無料転職相談はこちらから