組織人事コンサルタント転職 トップ >  人事ポジション 転職情報 >  人材開発・育成・研修ポジションへの転職

人材開発・育成・研修ポジションへの転職

人材開発・育成・研修ポジションで求められる人材像とは

人材開発・育成・研修ポジションで求められる人材

人材教育/研修ポジションは基本的には人材育成に携わったことのある経験者が求められます。人事部での経験者以外では研修会社の方、事業会社で自部署内への研修を実施してきた方、コンサルティングファームでユーザー向けの人材教育/研修を行っていた方も可能性はあります。また、人材教育/研修の経験が無くても、業界経験者であれば、若手ポテンシャルとして採用する企業もあります(例:コンサルティングファームではコンサルタント経験者、SierではSE経験者など)ので是非弊社に一度ご相談いただければ幸いです。

人材開発・育成・研修ポジションの求人情報はこちらからご覧ください。大手企業をはじめ、質の高い求人を掲載しております。

人材開発・育成・研修ポジションの求人情報はこちらから

人材開発・育成・研修業務の仕事

人材教育/研修の目的は企業の理念・戦略に基づいた人材を育成すること、また個人のキャリアアップを支援することです。
人材教育/研修の方法としては、OJT(On the Job Training)、Off-JT( Off theJob Training)に分けられますが、人事部ではOff-JT、特に研修関連業務がメイン業務となります。また、OJTや自己啓発の為の仕組み構築・支援も人事部での業務です。

人材教育/研修部門が「研修」に関して行う業務としては下記のようなものがあります。

研修予算の確保

研修計画の立案

研修内容の決定(研修プログラムの開発企画)

研修会社の選定

スケジュール調整

研修実施

効果測定

その他、人材育成の体系づくり、人材要件の定義、従業員サーベイ実施なども教育/研修部門での業務となることが多いです。

人材教育/研修の種類

方法としては集合研修(公開型、企業内型)やeラーニングでの研修があります。IT×教育を切り口としたEdTechサービスの台頭により、今後さらにITを駆使した教育研修サービスの増加が予想されます。
また、研修のテーマは多岐にわたるため、自社で内製化するだけでなく、研修会社を使って共に進めていく会社が多いです。

階層別研修

新入社員研修、中堅社員研修、課長研修、部長研修、役員研修など

部門別研修

営業研修、販売研修、情報システム研修、マーケ研修、管理部門研修など

スキル別研修

プロジェクトマネジメント研修、ロジカルシンキング研修、プレゼンテーション研修、考課者訓練研修、目標管理研修、ビジネスマナー研修、リーダーシップ研修など

テーマ別研修

リーダーシップ研修、理念浸透研修、メンタルヘルス研修、グローバル人材育成研修など

人材開発・育成・研修業務のやりがい

人材開発・育成・研修業務のやりがい

人材教育/研修業務に携わっている方にやりがいを聞くと下記のようなことをおっしゃる方が多いです。

  • 組織や従業員に直接インパクトを与える取組みを自ら作ることができる。
  • 短期的な視点ではなく、長期的な視点に立って企業の成長に貢献できる施策に携わることができる。
  • これまで社内になかった仕組みを自分が作り、その後も制度として運用されていることを誇りに感じる。
  • 研修受講者から感謝の言葉を頂くことができる。また、自分が研修で関わった社員が活躍している様子を見たときには素直にうれしい。
  • 研修中に受講者の表情が変わっていくことを体感しながら自分も本気で受講者と向かい合い、研修終了後に感動を共感できたときにこの仕事のやりがいを感じる。

無料転職相談はこちらから