金融転職 ファンド・M&A転職、公認会計士転職のムービン

転職支援サービスのご紹介   無料転職サポートのお申込み



組織人事コンサルタント転職 トップ >  人事コンサルタント スペシャルインタビュー >  クレイア・コンサルティング ディレクター 桐ケ谷 優氏インタビュー

クレイア・コンサルティング ディレクター 桐ケ谷 優氏インタビュー

クレイア・コンサルティング ディレクター 桐ケ谷 優氏インタビュー

桐ケ谷 優(Masaru Kirigaya)
クレイア・コンサルティング株式会社 執行役員 ディレクター

慶應義塾大学文学部卒業後、大手人材ビジネス企業の人事部門及び外資系コンピューターメーカー日本法人の人事部門にて人材開発や人事制度設計に従事。その後、国内系人事コンサルティング会社を経て、クレイア・コンサルティングに参画。
主に人事制度改革を中心に、最近は企業再編に伴う人事制度改革や組織改革のコンサルティングに従事。また、制度設計だけでなく、人事制度導入局面でのコンサルティングやトレーニング講師、幹部選抜のアセッサー経験など、豊富なコンサルティング経験を有する。

クレイア・コンサルティングの特徴

movin:

本日はご多忙の中お時間をいただき有難うございます。はじめに、クレイア・コンサルティング(以下、クレイア)とはどのような会社なのかお聞かせください。

桐ケ谷様:

クレイアは、米大手コンサルティングファームであるアーサー・アンダーセンの組織・人事チームのメンバーが、2002年に独立・創業したプロフェッショナルファームです。設立当初からClient Firstを信条とし、ビジネス環境に合わせた"ベストプラクティクス"を追求し続けてきました。現在は、大企業からベンチャー企業まで様々な業種・規模のお客様に対して、「企業の価値向上と働く人の満足の最大化」を実現すべく、組織・人事領域に専門特化したコンサルティングサービスを提供しています。

movin:

具体的にどのようなコンサルティングサービスを展開されているのでしょうか。

桐ケ谷様:

クレイアは組織・人事領域を専門としたコンサルティング会社ですが、その中でも組織設計や人事制度設計などの仕組みづくりに焦点を当てたテーマを得意としています。「人事制度改革」「M&A・組織再編における人事マネジメントの統合」「人材選定・選抜(アセスメント)」「人材育成システムの設計及びトレーニング」「組織改革・社員の意識改革」などが主なコンサルティングサービスです。
クレイアのコンサルティングは、お客様が組織・人事の強化を通じてどのような成長を遂げられるか、どうすれば経営にとって効果を最大化できるか、といった経営的視点から「最適なソリューション」を提供しています。
私たちが考える「最適なソリューション」とは、ソリューションの内容がお客様の組織に確実にフィットし、お客様自身がその仕組みを正しく理解し、実際に現場で運用できることです。そのためには、お客様の事業に深く入り込み、議論を重ね、緊密な連携を取りながらコンサルティングを進めることにこだわります。全てのプロジェクトにおいてこのやり方を実現できるのは、私たちが少数精鋭のファームだからです。
実際、大手のコンサルティングファームとコンペになることも多いのですが、最終的にお客様が私たちをご指名してくださるのは、既存の方法論やグローバルなメソッドを押し付けるのではなく、その企業の戦略や環境、文化に適した方法を考え、オリジナルのソリューションを提示できているからだと思います。

movin:

各企業に合わせた「最適なソリューション」を提供することがクレイアの強みだということが分かりました。他にもクレイアならではの強みについてお聞かせいただけますか。

桐ケ谷様:

組織・人事コンサルティングの世界は「ヒト」の問題を扱うだけに、論理だけでは片づけられない要素がたくさんあります。私たちは問題解決にあたり、論理を積み上げるだけでなく、様々な仕組みやルールのもとで働くヒトが一体どういう気持ちを抱くか?という視点を持つことを常に心がけています。組織・人事の問題に科学的・論理的にアプローチしつつ、組織の矛盾やヒトの感情の機微にも考慮した「最適なソリューション」を提供できるという点もクレイアの強みだと思います。
また、組織・人事コンサルティングの世界は、成果がすぐに企業の収益に現れるものばかりではありません。そのような中でも、私たちは高いリピート率を実現しています。クレイアでは設立以来、多くのお客様と長期にわたり、ビジネスパートナーとして継続的な関係を構築しています。リピート率の高さもクレイアの強みであり、今後も個社にとって「最適なソリューション」を提案し、実行していきたいと思います。

プロジェクト事例

movin:

実際に、クレイアの強みや特徴などが活かされたプロジェクトについてお聞かせいただけますか。

桐ケ谷様:

クレイアの手掛けるプロジェクトは1つとして同じ内容はありません。
例えばM&Aのプロジェクト1つをとっても、ホールディングカンパニーからのご相談や投資ファンドからの依頼など、多様なルートから様々なご相談をいただきます。M&Aのスキームが異なれば、HRに関わる課題も異なりますし、統合までに踏まなければいけないステップも変わります。それによって私たちが提案するソリューションの内容も異なるのです。もちろん、どのプロジェクトにおいても「企業の価値向上と働く人の満足の最大化」を目指すという、私たちのスタンスが変わることはありません。
1つ1つのプロジェクトに対し、「最適なソリューション」をゼロから考え、お客様に提供する価値を最大化していくという作業は、コンサルタントにとって大きなチャレンジですが、そうしたテーマに果敢に挑むことで私たち自身も成長し、お客様から高い評価をいただけるのだと思います。

movin:

今後の事業展開はどのようにお考えでしょうか。

桐ケ谷様:

クレイアの基本スタンスは設立当初から変わりません。今後も今まで通り、急激な組織拡大を目指すのではなく、私たちが提供するコンサルティングの品質にこだわり、そのレベルを絶えず高め続けるつもりです。そして、お客様の満足度、ソリューション力の高さ、コンサルタントの能力の高さの全てにおいて、組織人事コンサルティングの分野でNo.1を目指していきたいと思います。

クレイアが求める人材

movin:

今までは仕事にフォーカスしたお話が中心だったので、ここからはクレイアの人材についてお伺いします。桐ケ谷様はクレイアの採用担当もされているとのことですが、コンサルタントに求める能力やスキル、人材像についてお聞かせいただけますか。

桐ケ谷様:

コンサルティング経験の有無は必ずしも必要ではありませんが、組織・人事のテーマに強い関心を持ち、組織・人事の問題に真剣に取り組んでみたいという方に是非チャレンジしてほしいと思います。能力・スキル面では、論理的思考力と分析力が求められます。それに加え、組織の矛盾や人の気持ちを敏感に感じ取れる洞察力や感受性も求められます。
コンサルタントという職業は華々しいイメージもありますが、特に、組織・人事コンサルティングの世界は、地道な作業が求められるので、1つ1つの問題に実直に取り組む方が当社には向いていると思います。

movin:

クレイアで働く魅力やキャリアパスについてもお聞かせいただけますか。

桐ケ谷様:

1つ目は、少数精鋭組織の中で、入社後の早い段階からチャレンジングな仕事に関与できること。
2つ目に、業界やテーマを問わず、組織・人事に関する様々なプロジェクトに関与できること。
3つ目に、未経験者であっても組織・人事コンサルタントとして成長するための育成機会を得られることです。

クレイアは完全実力主義のため高いパフォーマンスを発揮できる社員には、年齢やキャリアに関係なく、より責任ある立場にステップアップしてもらいます。
また、社員1人ひとりの成長ステージに応じた課題を与え、組織全体で人材育成に取り組んでいます。組織・人事に関わる様々な課題にチャレンジしたい方にとって、やりがいのある環境を提供できると思います。

「プロフェッショナル組織の一員として、組織・人事コンサルタントとして、自らの腕を磨きたい」、「仕事を通じて"雇用"や"労働"といった社会性の高いテーマに取り組んでみたい」、「組織・人事の側面から"経営"や"マネジメント"とは何かを探求してみたい」、「企業の変革を支援しつつ、組織で働く人たち1人ひとりがやりがいを持って働ける社会を作りたい」、そのような志を持った方々と一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

movin:

本日はお時間を頂きありがとうございました。

ご興味を持たれた方は、弊社まで気軽にご連絡ください。

クレイア・コンサルティング 関連情報