組織人事コンサルタントの一日


某人事系ファームで駆け出し組織人事コンサルの吉田さんに、とある1日を伺いました。

-----(10月22日:都 内)-----

7:00 起床

本日はクライアントへの中間報告の日。朝食を取りながら本日のプレゼン資料の最終チェックを行う。 昨日念入りにチェックしたはずなのにケアレスミスが発覚。 このようなミスはクライアントからの信頼感の失墜にも繋がりかねないので、時間が許す限りチェックを行う。

 

9:50 出社(直行)

クライアントのロビーで上司と待ち合わせ。
かなり疲労が蓄積しているが今日を乗り切れば一段落つくことができるので、最後まで気を抜かないように自らを戒める。

 

10:00 プレゼンスタート

上司と簡単な打ち合わせを行い、いざクライアントの元へ。役員会議室に経営陣がズラッと並んでいる姿は圧巻である。今回のプロジェクトに対する期待の大きさを感じ、少し緊張する。
本日の中間報告の主な内容は、

 

12:00 昼食

ランチを取りながら、なおもプレゼンは続く。プレゼンテーターは上司で、私は主に質疑に対する回答を担当。
やはり上司のプレゼンは簡潔かつ論理的で、非常に勉強になる。私も含め、組織人事コンサルタントとして中途入社する人は人事部の出身者が多く、今までプレゼンの経験がある人は少ないようだ。
こちらの意図をきちんと説明し、納得してもらうプレゼン能力もコンサルタントの重要なスキルの一つである。

 

14:00 プレゼン終了

評価制度について若干の修正指示があったが、ほぼこちらの提案で承認を頂いた。
今までの苦労が吹き飛ぶ思いを抱き、上司とプロジェクトの今後の方針について話を弾ませながら帰社。

 

14:30 修正指示に対する対応

クライアントからの修正指示に基づき、資料作成に取りかかる。

 

17:00 クライアントの担当者へ修正資料をメールで送付。

すぐに確認して頂き、承認を頂いた。

 

18:00 明日からのスケジュールと業務フローを作成して本日は終了。

こんな時間に帰るのは入社後の研修期間以来。

 

組織人事コンサルタントの業務領域/職種 メニュー一覧

  • グローバル標準人事制度構築/改革やグローバル人材の管理・育成、グローバル拠点の組織アセスメント・人材アセスメント、海外要員管理などのコンサルティング

  • M&A(買収・統合)に伴う人事DD(デュー・デリジェンス)、人事制度統合、人事PMI(Post Merger Integration)、または、組織再編・分社化に伴う人材移管・ガバナンス体制再構築などのコンサルティング

  • 人事BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング/業務改善)、人事ITシステムの企画・導入、タレントマネジメントシステムの導入、人事シェアードサービス化、組織設計、BPR/IT変革時のチェンジマネジメントなどのコンサルティング

  • 人事戦略立案、組織構造改革、組織再編、また、人事制度構築/改革として、職務評価、等級制度設計、評価制度設計、報酬制度設計、役員報酬戦略・役員報酬制度構築などのコンサルティング

  • 人材育成体系構築、人材育成像の構築、個別人材育成/研修プログラムの企画・開発、タレントマネジメント、サクセッションマネジメント、リテンションマネジメント、コーチングなどのコンサルティング。コンサルタントの他、人材育成:法人営業、講師などの職種もあります。

  • 採用戦略立案、求める人材像の構築、採用プロセス設計、採用業務のBPR(業務改善)、採用実務アウトソーシング、ソーシャルリクルーティング(SNS)支援、キャリアコンサルティングなどのコンサルティング

  • 年金・退職金制度設計/改革、退職給付債務等の評価、企業年金リスク管理などのコンサルティング



組織人事コンサルタントについて

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。