無料転職サポートのお申込み・登録

組織人事コンサルタント転職 トップ >  組織人事コンサル業界情報 >  ポスト組織人事コンサルタントのキャリアパス

ポスト組織人事コンサルタントのキャリアパス


組織人事コンサルタントのキャリアの先には何があるのか?そのような皆様の疑問にここでは答えます。

ポスト組織人事コンサルタントのキャリアパスとしては主に下記パターンが考えられます。

  • 事業会社 人事・組織開発・インハウスコンサル
  • 他コンサルティングファーム(戦略系など)
  • 事業会社 ターンアラウンドマネージャー・経営陣
  • ヘッドハンター、人材エージェント
  • 先生系
  • ※上記とは別に独立という選択肢もとる人も多いようです(理由は後述)。

 

一番多いのは事業会社への転職でしょう。クライアントから引っ張られて・・・というケースも多いようですが、なにより事業会社側のほうでも近年社内にコンサルタント部隊を内製する動きが加速しており(有名なのはGEのブラックベルト)、内製化する以上、戦略策定といった単発的なものではなく、継続的に実施する必要があるテーマを扱うことが多く、業務改善や組織系のプロジェクトが多いようです。
よってそのような流れの中で必然的に組織人事コンサル経験者を採用することが増えています。
また他のコンサルティングファームへの転職も比較的多いです。

例えば、組織だけをやっていたがよりテーマをひろげて戦略コンサルをやりたい。
もしくは制度系のプロジェクトが多かったが今後はより組織の風土改善とかそういった柔らかい系統のテーマを扱いたい、等々。
ファンドの投資先でターンアラウンドマネージャーや経営陣としての転職もあります。
こちらは比較的組織人事コンサルタント時代にそのような案件を多数やっていればという前提ですが、COO的な役割を期待されて転職することも多いでしょう。また組織というばくっとしたものでなく、より個人のキャリアにフォーカスしたいという思いで、弊社と同じような人材紹介業やヘッドハンティングの世界に身を投じる方も多いです。

これまでの自分の知識を体系化したり、より研究したいという志向の方はビジネススクール等の先生というキャリアも結構あるようです。
組織人事コンサルは、(コンサルは基本的にみなそうですが)、よりファームというよりは個人のコンサルタントにクライアントがつくことが多いため、そのまま独立という形をとる人も多いようです。

報酬レンジ的には、
ターンアラウンドマネージャー、経営陣が一番多く、次にその他コンサル(特に戦略系)という傾向があるかと思いますが、ヘッドハンターなどはコミッションの割合が多いので人によってはかなりの額を稼ぐ人もいるようです。

いずれにせよ、特徴としてはかなり組織・人という軸をはずさない人が大部分ですが、一部経営側であったり、戦略よりにシフトするようなイメージでしょうか。

最新求人情報



組織人事コンサルティング業界情報 メニュー一覧

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。