人事制度ポジションへの転職


 

人事制度ポジションで求められる人材

企業が人事制度担当者を外部から求める場合は、人事部や組織人事コンサルタンティングファームにおいて当該領域の経験を有した方を求めていらっしゃいます。ただし、例えば社員数の少ない会社では人事制度業務の他、経営企画や総務、バックオフィス全般も兼務することもありますので人事経験がなくてもこうした経験を有する方を求めることもあります。

全く職務経験の異なる方がいきなり人事制度業務に携わることは難しいですが、社内外でどのような経験を積めば、将来人事制度業務に関われるキャリアを実現できるのか一緒に考えさせていただければと思いますので、ご興味ある方はお気軽に弊社にご相談いただけますと幸いです。

人事制度業務の仕事

「人事制度」とは、「企業の競争力や価値を向上させる組織」や「従業員の意欲・能力を向上させる仕組み」を制度として体系化したものです。事業目的から導き出された経営戦略を人材マネジメントの側面から制度としたものとも言えます。
主要な人事制度は下記の3つに分類されます。

人事制度を構築する流れ

 

 

人事制度担当者はこれら制度の構築・運用に従事します。人事制度は上述の通り、企業の経営戦略に連動しますので一度作ったら終わりではなく、常に改訂することが必要です。また、M&Aや事業再構築など大きな組織の変わり目では1から再構築することもあります。ベンチャー企業や成長企業の中には人事制度の構築・改善の機会が多いため、制度の立上げ・改善に関わる頻度も増える傾向にあります。

人事制度の運用とは、こうして出来上がった人事制度に基づき、社員の等級・賃金・評価を管理するとともに、昇給、昇格、異動、配置、人材開発・教育などに活用します。

企業における人事制度は上記以外にも、ジョブローテーション、キャリア・ディベロップメント・プログラム(CDP)、タレント・マネジメント・システムなど多くの制度があります。

人事制度業務のやりがい

人事制度に携わっている方にやりがいを聞くと下記のようなことをおっしゃる方が多いです。

人事制度業務に関連した求人

>> その他の人事制度業務に関連した求人はこちら



事業会社人事について

  • 人事関連業務の経験者はもちろん未経験からのチャレンジも歓迎している企業も多数あります。

  • 人事労務業務経験者以外にもファーム出身者や人事システム導入経験者を求める傾向にあります。

  • 人事部や組織人事コンサルタンティングファームにおいて当該領域の経験を有した方を求めていらっしゃいます。

  • 基本的には人材育成に携わった経験者が求められますが若手ポテンシャルとして採用する企業もあります。

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。