グローバル組織人事コンサルタント


 

企業の海外進出やグローバルでのM&Aが盛んになっている昨今、グローバル組織人事コンサルタントの活躍の場は広がっており、その役割の重要度も上がっています。
グローバル組織人事コンサルタントは、グローバルな人事オペレーティングシステムを構築するため、

など、のコンサルティングを行っています。

日系企業の海外進出の加速にあわせ、最近では海外現地法人先に常駐し、ハンズオン型で行うコンサルティングや、世界十数カ国同時にグローバル人事組織の再編、業務プロセス改革などを行うなど、今までの組織人事コンサルタントのイメージを超えた非常にダイナミックなプロジェクトが特徴です。

グローバル組織人事コンサルタントの魅力

まず、グローバル人事はダイナミックなプロジェクトであること、人事業務の1つの領域ではなく人事全般の改革に携われることが大きな魅力です。
また国内での成長が鈍化しつつあり、企業成長のカギが海外と言われている中で、会社の根底となる組織人事の部分でクライアント企業の成長に関われることは大きなやりがいにも繋がります。
また、プロジェクトを通してグローバルな人材と自己研鑽していくことができる部分も大きな魅力だと思います。

グローバル組織人事コンサルタントに求められる人材像

組織人事コンサルタント、ERPコンサルタント(人事モジュール)などの経験者はもちろん、コンサル未経験者でも積極的に採用しているファームが目立ちます。
コンサル未経験の方は、グローバルに展開している企業の人事、経営企画部門出身者や、社内での業務改革、海外進出のプロジェクトに携わったことのある方など、基本的にはグローバル組織人事コンサルティングに親和性のある方が求められています。
またコンサルタントの基本スキルとしてのコミュニケーション能力、マネジメント能力、論理的思考能力も必要になってきます。
英語力については海外現地とのやりとりや、規模を大きく、グローバルでの連携が必要なプロジェクトが多いためどのコンサルティングファームでもほぼ必須となっております。

グローバル組織人事コンサルタント 求人情報

例えば、現状弊社には下記のようポジションニーズが来ています。
ご興味をお持ちの方は、ぜひ一度ご相談ください!

>> その他のグローバル組織人事コンサルタント求人はこちら

グローバル組織人事コンサルタントへの転職 転職体験談

グローバル組織人事コンサルタントにご転職された方の転職体験談です。

 

組織人事コンサルタントの業務領域/職種 メニュー一覧

  • グローバル標準人事制度構築/改革やグローバル人材の管理・育成、グローバル拠点の組織アセスメント・人材アセスメント、海外要員管理などのコンサルティング

  • M&A(買収・統合)に伴う人事DD(デュー・デリジェンス)、人事制度統合、人事PMI(Post Merger Integration)、または、組織再編・分社化に伴う人材移管・ガバナンス体制再構築などのコンサルティング

  • 人事BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング/業務改善)、人事ITシステムの企画・導入、タレントマネジメントシステムの導入、人事シェアードサービス化、組織設計、BPR/IT変革時のチェンジマネジメントなどのコンサルティング

  • 人事戦略立案、組織構造改革、組織再編、また、人事制度構築/改革として、職務評価、等級制度設計、評価制度設計、報酬制度設計、役員報酬戦略・役員報酬制度構築などのコンサルティング

  • 人材育成体系構築、人材育成像の構築、個別人材育成/研修プログラムの企画・開発、タレントマネジメント、サクセッションマネジメント、リテンションマネジメント、コーチングなどのコンサルティング。コンサルタントの他、人材育成:法人営業、講師などの職種もあります。

  • 採用戦略立案、求める人材像の構築、採用プロセス設計、採用業務のBPR(業務改善)、採用実務アウトソーシング、ソーシャルリクルーティング(SNS)支援、キャリアコンサルティングなどのコンサルティング

  • 年金・退職金制度設計/改革、退職給付債務等の評価、企業年金リスク管理などのコンサルティング



組織人事コンサルタントについて

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。