年金コンサルタント


 

年金コンサルティングでは、退職給付制度設計/改革、運用/リスク管理、退職給付計算などのコンサルティングを行っています。
年々注目を浴びている年金コンサルティングですが、その背景には、財務面でのリスク管理、年金制度の多様化、企業のM&A・再編、など環境の変化を受けやすい制度となっていることや、日本版401kとも呼ばれている確定拠出年金により企業側の運営コスト管理が多くなったことにあります。また、人事制度の中で年金制度は最も複雑な制度の一つとなっていることから、大企業をはじめ中小企業でもコンサルティングサービスを導入する企業が増えています。

年金コンサルタントの魅力

組織人事コンサルティングの中でも、より専門的な知識が必要になってくるため、スペシャリストとしてキャリア形成ができる点や、クライアント企業にとっても難題な部分でもあるため年金コンサルティングの引き合いは非常に多い点で、活躍の場が大いにあることが魅力の一つです。
また、単に年金制度の設計だけではなく、経営者・従業員双方の視点に立ち、企業の経営課題として捉えるコンサルティングを行っています。そのため会社全体を巻き込みプロジェクトを引っ張っていくリーダーシップスキルや、ファシリテーションスキル、プレゼンスキルも磨かれていくでしょう。
経営目標の達成には、士気を高め、会社の定めるバリューを実践する従業員を増やす必要があります。その中で年金制度は人事制度の非常に重要な要素です。年金コンサルティングによって企業価値向上に寄与できる点も大きな魅力と言えるでしょう。

年金コンサルタントに求められる人材像

まず年金は長期的なシミュレートを行うため複雑な数学知識が必要になりますので、アクチュアリー会員(準会員)の方は即戦力として求められています。
アクチュアリーの知識がなくとも、銀行・生保などの金融機関でのご経験や、社会労務士、確定搬出年金アドバイザーなどの資格を持っている方もチャンスは大いにあります。
またスキルとしてコミュニケーション能力や、プロジェクトを推進するマネジメント能力など経験だけでなく、コンサルタントとしての能力も求められています。
なかなか未経験での年金コンサルタントへの転職は難しいのが現状ですが、上記のように金融機関などでのご経験があればポテンシャル採用で積極採用されているコンサルティングファームに転職できるチャンスがあるかもしれません。

年金コンサルタント 求人情報

例えば、現状弊社には下記のようポジションニーズが来ています。
ご興味をお持ちの方は、ぜひ一度ご相談ください!

>> その他の人事制度系・年金コンサルタント求人はこちら

組織人事コンサルタントの業務領域/職種 メニュー一覧

  • グローバル標準人事制度構築/改革やグローバル人材の管理・育成、グローバル拠点の組織アセスメント・人材アセスメント、海外要員管理などのコンサルティング

  • M&A(買収・統合)に伴う人事DD(デュー・デリジェンス)、人事制度統合、人事PMI(Post Merger Integration)、または、組織再編・分社化に伴う人材移管・ガバナンス体制再構築などのコンサルティング

  • 人事BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング/業務改善)、人事ITシステムの企画・導入、タレントマネジメントシステムの導入、人事シェアードサービス化、組織設計、BPR/IT変革時のチェンジマネジメントなどのコンサルティング

  • 人事戦略立案、組織構造改革、組織再編、また、人事制度構築/改革として、職務評価、等級制度設計、評価制度設計、報酬制度設計、役員報酬戦略・役員報酬制度構築などのコンサルティング

  • 人材育成体系構築、人材育成像の構築、個別人材育成/研修プログラムの企画・開発、タレントマネジメント、サクセッションマネジメント、リテンションマネジメント、コーチングなどのコンサルティング。コンサルタントの他、人材育成:法人営業、講師などの職種もあります。

  • 採用戦略立案、求める人材像の構築、採用プロセス設計、採用業務のBPR(業務改善)、採用実務アウトソーシング、ソーシャルリクルーティング(SNS)支援、キャリアコンサルティングなどのコンサルティング

  • 年金・退職金制度設計/改革、退職給付債務等の評価、企業年金リスク管理などのコンサルティング



組織人事コンサルタントについて

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。