人事M&Aコンサルタント


 

近年M&Aが増えてきております。その為、コンサルティングファームのM&A案件も多くなってきております。
M&Aを行う際には株式の話など財務面の課題だけでなく、現行業務の分析やM&A後の業務の統一化など様々な課題が発生します。
その中でも人事分野に関する課題を解決に導いていくのが人事M&Aコンサルタントです。

具体的にはM&A(買収・統合)に伴う人事DD(デュー・デリジェンス)、人事制度統合、人事PMI(Post Merger Integration)、または、組織再編・分社化に伴う人材移管・ガバナンス体制再構築、などのコンサルティングがあげられます。
M&Aコンサルタントの領域は、M&Aの検討前からM&A実施後、実際に業務が順調に進みだすまでの非常に長期にわたります。

人事M&Aコンサルタントの魅力

M&Aの成功確率は半分以下といわれています。
その理由の多くは組織と人に関するものです。
元々全く違う会社と社員が同じ組織になるというのは簡単なことではありません。
経営者の方針、組織の権限や意思決定、社員の行動様式やモチベーションの状況、人事制度の特徴など単純に箱だけを作れば何とかなるものではない問題に対して成功させるということは非常に大きなやりがいにつながります。
M&A前の人事DD(デュー・デリジェンス)、M&A実行後の統合支援などはコンサルティングの中でも非常にタフで困難な分野です。だからこそやり切った時の達成感やクライアントとの一体感はコンサルタントにとって忘れられないものになります。

人事M&Aコンサルタントに求められる人材像

人事M&Aコンサルタントになるには必要な知識・スキルとは

組織人事コンサルティングの経験をお持ちの方が最も望ましいですが、中々いらっしゃらないのが実情の為、コンサルティングファームでのコンサルタント経験、あるいは事業会社人事部における人事制度構築の経験などが求められています。
また、海外との関連が非常に強くなるため、英語力が求められることがほとんどです。
更には、肉体的・精神的にハードなプロジェクトが多いため、体力や精神力が強いことが必要です。

人事M&Aコンサルタント 求人情報

例えば、現状弊社には下記のようポジションニーズが来ています。
ご興味をお持ちの方は、ぜひ一度ご相談ください!

>> その他の人事M&Aコンサルタント求人はこちら

組織人事コンサルタントの業務領域/職種 メニュー一覧

  • グローバル標準人事制度構築/改革やグローバル人材の管理・育成、グローバル拠点の組織アセスメント・人材アセスメント、海外要員管理などのコンサルティング

  • M&A(買収・統合)に伴う人事DD(デュー・デリジェンス)、人事制度統合、人事PMI(Post Merger Integration)、または、組織再編・分社化に伴う人材移管・ガバナンス体制再構築などのコンサルティング

  • 人事BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング/業務改善)、人事ITシステムの企画・導入、タレントマネジメントシステムの導入、人事シェアードサービス化、組織設計、BPR/IT変革時のチェンジマネジメントなどのコンサルティング

  • 人事戦略立案、組織構造改革、組織再編、また、人事制度構築/改革として、職務評価、等級制度設計、評価制度設計、報酬制度設計、役員報酬戦略・役員報酬制度構築などのコンサルティング

  • 人材育成体系構築、人材育成像の構築、個別人材育成/研修プログラムの企画・開発、タレントマネジメント、サクセッションマネジメント、リテンションマネジメント、コーチングなどのコンサルティング。コンサルタントの他、人材育成:法人営業、講師などの職種もあります。

  • 採用戦略立案、求める人材像の構築、採用プロセス設計、採用業務のBPR(業務改善)、採用実務アウトソーシング、ソーシャルリクルーティング(SNS)支援、キャリアコンサルティングなどのコンサルティング

  • 年金・退職金制度設計/改革、退職給付債務等の評価、企業年金リスク管理などのコンサルティング



組織人事コンサルタントについて

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。