組織人事コンサルタント転職 トップ >  人事転職コラム >  人事全般 >  所轄官庁とのリレーション -人事の仕事(人事全般)-

所轄官庁とのリレーション
-人事の仕事(人事全般)-


人事部門の業務遂行上、日常的に関係を持つ官公庁は、
(1) 労働基準監督署
(2) 公共職業安定所(ハローワーク)
(3) 社会保険事務所
です。

本社所在地管轄するこれらの機関との良好な関係に目を配る必要があります。
特に、本社外問題が起きたときに、本社人事部門の監督責任が問われることのないように、定期的に業務監査を行うことが望ましいです。
所轄官庁との間で問題が起きるのは、コンブライアンス違反をしているケースがほとんどです。
逆に言うと、関連諸法令を遵守している限りは、これらの機関から問題を指摘されることはないはずです。指摘されやすい問題や、労働基準監督署については36協定を組えた長時間労働、サービス残業による残業手当の未払い、不当解雇などが挙げられます。特に、サービス残業については労働基準監督署が立ち入り調査を行うケースが多く、その結果、是正勧告を受け、未払いを一括支給するようなケースも多くなっています。
公共職業安定所からは、求人上の差別、障害者雇用率の未達成、事前報告なしの大量解雇が問題視されやすいので、法令違反がないよう注意すべきです。また、社会保険事務所については、強制適用事業所であるにもかかわらず、社会保険に未加入であったり、保険料滞納・未払いであったりするケースが問題視されます。



事業会社人事について

  • 人事関連業務の経験者はもちろん未経験からのチャレンジも歓迎している企業も多数あります。

  • 人事労務業務経験者以外にもファーム出身者や人事システム導入経験者を求める傾向にあります。

  • 人事部や組織人事コンサルタンティングファームにおいて当該領域の経験を有した方を求めていらっしゃいます。

  • 基本的には人材育成に携わった経験者が求められますが若手ポテンシャルとして採用する企業もあります。

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。