組織人事コンサルタント転職 トップ >  人事転職コラム >  人事全般 >  日本の人事システムの特徴 -人事の仕事(人事全般)-

日本の人事システムの特徴
-人事の仕事(人事全般)-


戦後、日本企業の人事システムは、企業別組合・終身雇用・年功制(日本的経営ににおける三種の神器)を大きな特徴としながら、その基盤を確立しました。
その後、経営環境や組織人事構成の変化に応じ、ベースにある年功原理を維持しながら、職能資格制度、専門職制度の導入による修正が行われてきました。

しかしこれは既存のシステムの枠内での変更にすぎず、情報化の進展、市場リスクの増大などに直面している現在、日本企業は抜本的な人事制度改革を迫られています。



事業会社人事について

  • 人事関連業務の経験者はもちろん未経験からのチャレンジも歓迎している企業も多数あります。

  • 人事労務業務経験者以外にもファーム出身者や人事システム導入経験者を求める傾向にあります。

  • 人事部や組織人事コンサルタンティングファームにおいて当該領域の経験を有した方を求めていらっしゃいます。

  • 基本的には人材育成に携わった経験者が求められますが若手ポテンシャルとして採用する企業もあります。

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。