組織人事コンサルタント転職 トップ >  特集 組織人事コンサル・人事転職 >  人事担当者のキャリアパス ~キャリアパスを広げるには?~

【特集#17】人事担当者のキャリアパス
~キャリアパスを広げるには?~


人事担当者のキャリアパス ~キャリアパスを広げるには?~

普段、人事担当者として従業員の方のキャリアに関わっている方も、ご自身のキャリアに不安を持つことがあるかと思います。
そこで、本コラムでは、現人事職の方のキャリアパスについて検討してみたいと思います。

現在人事職でご活躍中の若手を対象とした個別相談会のご紹介

20代・30代人事職 キャリア相談会

人事担当者の一般的なキャリアパス

一般的に、人事担当者の方のキャリアパスは以下の二種類のどちらとなることが多いのではないかと思います。

まず、人事業務が採用担当・研修担当・社会保険担当など明確に業務分割されている大企業においては、採用や給与関連など低難度の業務から任され、次第に研修・制度設計など高難度の業務を経験し、人事業務を総合的に監督する人事部長へとキャリアアップして行くことがほとんどです。

これに対し、人事業務の細分化がまだ進んでいないベンチャー企業などの場合は、人事以外の経理・総務・法務などを幅広く担当し、企業のバックオフィス業務を一手に取り仕切る総合管理職へとキャリアアップしていくことが多いでしょう。

そして、どちらの場合も、人事以外の職種への転身が難しい傾向にあります。人事業務は専門性が高い分、汎用性が低く、経験を活かせるような他職種が少ないためです。希に営業などの他職種へ転身される方がいらっしゃいますが、ほぼ未経験からの挑戦となってしまうため、苦戦される方が多い模様。実際にも、他業種への転身を諦めて人事領域でキャリアアップして行かれる方が多いように見受けられます。

上記のように、人事担当者としてのキャリアパスは意外に狭いと言えます。

コンサルタント職を経由してキャリアパスを広げる

しかし、人事職の方は、組織人事コンサルタント人事制度コンサルタント人材育成/研修コンサルタントキャリアコンサルタント)としての経験を積むことで、キャリアパスの幅を広げることが出来ます。

人事制度コンサルタントからのキャリアパス

まず、人事制度コンサルタントを経験した場合、別領域のコンサルタントに転身することは比較的容易です。課題発見の技法・資料作成能力・チームワーク・コンサルタントとしての常識感覚など、コンサルタントとしてのコアスキルが備わっているため、他領域のコンサルタントへもスムーズに転身して行きやすいのです。実際にも、人事制度コンサルタントから財務や物流領域を専門とするコンサルタント、製造業や情報通信業に特化したコンサルタントへ転身する方は数多くいらっしゃいます。

また、人事制度コンサルタントから事業会社の事業企画・新規事業開発と言ったポジションに移ることも、比較的容易です。人事制度関連のコンサルティングにおいては経営戦略・事業戦略に深く関わることが多く、経営感覚が身につきやすいためです。

 

人事制度系コンサルタントへの転職体験談

  • より専門的に行える環境へ

    名前:佐藤さん(仮称)
    学歴:有名国立大学
    職歴:大手メーカー人事 → 組織人事コンサルタントへ

  • コンサル未経験からの転身

    名前:森さん(仮称)
    学歴:地方国立大学 
    職歴:地方メーカー:人事 → 組織人事コンサルタントへ

 

人材育成/研修コンサルタントからのキャリアパス

人材育成/研修コンサルタントを経験した場合も、他職種への転身のチャンスが広がります。この職種では複雑なサービスの提案・実行がメイン業務となるため、高度な提案力・企画力・スピード感が身につきます。そのため、営業要素の強いものであればどんな職種へでも転職しやすく、ビジネスディベロップメントやM&A仲介の営業、営業企画・マーケティング職などへ転職される方が比較的多くいらっしゃるようです。もちろん、事業会社の人材育成/研修担当(L&D)職に転職することもあり得るでしょう。その場合は課長職等の高い職位からのスタートとなることが一般的です。

 

人材育成/研修コンサルタントへの転職体験談

 

キャリアコンサルタントからのキャリアパス

キャリアコンサルタントからのキャリアパスとしては、他の人材紹介会社への転職、ベンチャー企業の人事、RPO企業(採用支援企業)などが挙げられます。また、人材紹介業は業務を一人で完結させられる上にコストが低いので、独立しフリーランスとして活動したりご自身の企業を立ち上げたりすることも容易です。高い営業力が身につくので、インセンティブの高い営業職に就いて高年収を目指すことも可能でしょう。

キャリアパスを広げるハブとなる組織人事コンサルタント職

こうしてみると、組織人事コンサルタントとしての経験を積むことで、キャリアパスの幅を広げられることは間違いないと言えます。組織人事コンサルタント職は、人事担当者にとって、ちょうど電源コードを広げるハブのような機能を果たしてくれるのです。

弊社には組織人事コンサルタントへの転職支援の実績が豊富なエージェントが多数在籍しております。人事一本でのキャリアアップに不安を頂いていらっしゃる方は、是非一度弊社までご相談ください。

人事のキャリアからキャリアパスを広げられた求職者様の一例

一例ではございますが、ムービンにご登録された人事キャリアをお持ちの求職者様がキャリアパスを広げられた例をご紹介いたします。
前述の組織人事コンサルタントへの転職事例に限らず、人事のキャリアを活かしてさまざまな業界・ポジションでご活躍されています。

年代 前職業界 前職・職種 転職先
No.01

20代

メーカー

工場人事

人事制度系コンサルタント

No.02

30代

官公庁

国家公務員(一部人事業務経験)

人事制度系コンサルタント

No.03

20代

Sier

人事システム導入コンサルタント

人事制度系コンサルタント

No.04

30代

人材育成/研修系コンサルティング

人材育成・研修コンサルタント

人事制度系コンサルタント

No.05

20代

保険会社

人事、営業企画

人事制度系コンサルタント

No.06

40代

人材育成/研修系コンサルティング

人材育成・研修コンサルタント

人事制度系コンサルタント

No.07

20代

人材紹介会社

法人営業

人材育成・研修コンサルタント

No.08

30代

総合系コンサルティングファーム

人事制度系コンサルタント

人材育成・研修コンサルタント

 
 
年代 前職業界 前職・職種 転職先
No.09

40代

総合系コンサルティングファーム

人事制度系コンサルタント

人材育成・研修コンサルタント

No.10

20代

総合商社

営業、人事

戦略系コンサルタント

No.11

30代

メーカー

人事

戦略系コンサルタント

No.12

30代

総合系コンサルティングファーム

人事制度系コンサルタント

ベンチャー 社長室

No.13

20代

メガベンチャー

人事 人事企画

大手メーカー 人事

No.14

30代

総合系コンサルティングファーム

人事制度系コンサルタント

メガベンチャー 人事HRBP

No.15

30代

人材育成/研修系コンサルティング

人材育成・研修コンサルタント

メガベンチャー 人事企画

No.16

30代

総合系コンサルティングファーム

人事制度系コンサルタント

外資系Sier 人事戦略スタッフ

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。

関連特集

>> その他の組織人事コンサル・人事転職特集はこちら



事業会社人事について

  • 人事関連業務の経験者はもちろん未経験からのチャレンジも歓迎している企業も多数あります。

  • 人事労務業務経験者以外にもファーム出身者や人事システム導入経験者を求める傾向にあります。

  • 人事部や組織人事コンサルタンティングファームにおいて当該領域の経験を有した方を求めていらっしゃいます。

  • 基本的には人材育成に携わった経験者が求められますが若手ポテンシャルとして採用する企業もあります。

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。