組織人事コンサルタント転職 トップ >  人事転職コラム >  人事労務 >  人事事務サービス会社の活用 -人事の仕事(人事労務)-

人事事務サービス会社の活用
-人事の仕事(人事労務)-


会社経官の観点から、人事業務の中でも最もコアビジネスからアウトソースする業務の大半は、給与計算や労働社会保険事務手続き等の人事務業務です。
これらの業務は会社規模の大小に関わらず発生することになり、アウトソーシング化することによる効率化と、人事部門として取り組むコア業務への集中をはかることができます。
コア業務と非コア業務の選別をしたうえで、非コア業務をアウトソーシングすることを検討します。
委託先選定にあたって一例を挙げると、給与計算業務の委託先には、給与計算を専門に行っているペイロール(Payroll)専門会社をはじめ、社会保険労務士や税理士・公認会計士などが主な選択肢として挙げられる。ぺイロール専門会社であれば規模のメリットが追及できるであろうし、社会保険労務士であれば社会保険事務と一指して委託もできるでしょう。また、税理上や公認会計士であれば年末調整等の税務に強みがあります。
委託先選定の際には. それぞれの強みと弱みを附まえたうえで委託先を検討し、場合によっては、委託する人事事務サーピスを組み合わせて委託するのも効率的です。



事業会社人事について

  • 人事関連業務の経験者はもちろん未経験からのチャレンジも歓迎している企業も多数あります。

  • 人事労務業務経験者以外にもファーム出身者や人事システム導入経験者を求める傾向にあります。

  • 人事部や組織人事コンサルタンティングファームにおいて当該領域の経験を有した方を求めていらっしゃいます。

  • 基本的には人材育成に携わった経験者が求められますが若手ポテンシャルとして採用する企業もあります。

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。