人事転職コラム <人事労務>


組織は社員が働きやすい環境を整えるうえで、就業条件を明確化・提示するとともに社員が守らなければならない規律を周知徹底し、組織内の秩序を維持していかなければなりません。

  • 労働組合の近年の動向

    人事部門は会社側の立場を代表するものとして、労働組合に関する法律への対応を行わなければなりません。

  • 人事事務サービス会社の活用

    会社規模の大小に関わらず発生することになり、アウトソーシング化することによる効率化と、人事部門として取り組むコア業務への集中をはかることができます。

  • 労働時間管理とワークライフバランス

    ワークライフバランスにおいては最近注目を浴びつつあるワードとなってきました。

  • サービス残業対策

    労働時間管理については、労働基準監督署のチェックが厳しい項目の1つであり人事制度における対応をしなくてはいけません。

  • パワハラ・セクハラへの対策

    2007年4月より、男女雇用機会均等法が改正施行され、事業主はセクシャルハラスメントに関する相談窓口を設置し、適切に対応することが義務化されました。

  • 就業規則の整備

    就業規則とは、社員が働くにあたっての労働条件や遵守すべき内容を定めたものです。

  • フレックスタイム制

    フレックスタイム制の目的は、社員がその生活を業務との調和を図りながら、効率的に働くことを可能とし、あわせて労働時間の短縮を目的として設けられています。

  • 年次有給休暇

    社員には年次有給休暇の取得権利が与えられます。有給休暇は翌々年には繰り越すことができません。

  • 休憩時間

    社員の業務効率の維持、健康障害を防止するためにも、ある程度の労働時間が継続した場合には、適度な休憩を確保することが必要となります。

  • 労働時間

    労働時間とは、社員が企業の指揮命令(監督)の下にある時間のことをいいます。

  • 雇用保険

    失業したときに、失業等給付を行うことにより、社員の生活の安定を図るとともに、放置しておくと失業する可能性のある社員の雇用の継続が可能となるように給付を行うための保険制度です。

  • 厚生年金保険

    厚生年金保険は、企業等で働く人を被保険者として保険料を徴収し、老齢、障害または死亡について保険給付を行う制度を言います。

  • 年末調整

    毎年12月にその年の年間給与所得金額に基づき正しい税額を求め、すでに納付済みの所得税の過不足を調整する手続きの事を年末調整といいます。

  • 給与計算業務

    給与計算業務は、昇格給に伴う月例給の変更や、短時間勤務に対する給与控除、また家賃補助手当などといった、社員の生活に直結する業務であり人事部門の信頼にも関わる重要な業務です。



事業会社人事について

  • 人事関連業務の経験者はもちろん未経験からのチャレンジも歓迎している企業も多数あります。

  • 人事労務業務経験者以外にもファーム出身者や人事システム導入経験者を求める傾向にあります。

  • 人事部や組織人事コンサルタンティングファームにおいて当該領域の経験を有した方を求めていらっしゃいます。

  • 基本的には人材育成に携わった経験者が求められますが若手ポテンシャルとして採用する企業もあります。

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。