組織人事コンサルタント転職 トップ >  人事転職コラム >  人材採用 >  採用支援会社の活用 -人事の仕事(人材採用)-

採用支援会社の活用
-人事の仕事(人材採用)-


雇用の流動化を背景に、キャリア採用や通年採用が一般化するに伴い、多様な採用支援サービスが提供されるようになっています。
採用に関するトレンドを捉えるとともに、人事スタッフの採用活動の負荷と優秀人材の確保の面から、効率的かつ、効果的な手段を検討する必要があります。
採用に関するトレンドについては、まず求人媒体の多様化とシフトを押さえておく必要があります。インターネットの求人サイトや自社サイト登録による求人が中心となりつつあります。
また、人材紹介もこれまでのような一般登録型(転職希望者の登録に基づく人材紹介)に加えて、管理職や専門職を中心に、いわゆるヘッドハンターやエグゼクテイブサーチと呼ばれるサーチ型(求人企業の依頼に基づく人材探)の会社を利用するケースも増えています。
自社で採用活動を完結させるだけのリソースがない場合には、採用支援会社の活用を検討するとよいでしょう。
例えば新卒者向け会社説明会の実施支援をする会社においては、国立大学学生の集客に強い会社や、有名私立大学生の集客に強い会社、文系学生の集客に強い会社や理系学生の集客に強い会社など、強み・弱みをもっているため、どういった学生を採用のターゲットとして想定して採用活動を行うのかを踏まえたうえで、選定をすることが重要となります。



事業会社人事について

  • 人事関連業務の経験者はもちろん未経験からのチャレンジも歓迎している企業も多数あります。

  • 人事労務業務経験者以外にもファーム出身者や人事システム導入経験者を求める傾向にあります。

  • 人事部や組織人事コンサルタンティングファームにおいて当該領域の経験を有した方を求めていらっしゃいます。

  • 基本的には人材育成に携わった経験者が求められますが若手ポテンシャルとして採用する企業もあります。

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。