組織人事コンサルタント転職 トップ >  特集 組織人事コンサル・人事転職 >  コンサルティングファームへの転職に学歴は重要か?

【特集#12】コンサルティングファームへの転職に学歴は重要か?


コンサルティングファームへの転職に学歴は重要か?

コンサルティングファームへの転職に学歴は重要ですか?
この質問は私たちが求職者の方と話す中でよくいただく質問です。また、求職者の皆様自身が気になっているポイントだとも思います。

結論から申し上げると学歴は重要な判断要素となります。ただし、コンサルティングファームの中でも重要視する割合は異なります。

例えば外資系戦略コンサルティングファームのホームページに掲載されているコンサルタントの方の経歴を見れば皆一様に高学歴です。理由について、コンサルティングファームが明らかにしているわけではありませんが、下記のような理由があるのではないかと考えております。

コンサルティングファームの転職で学歴が重要視される理由

地頭の良さを判断するため

コンサルティングファームでは論理的思考力、課題解決力が求められます。求職者の方にこの能力があるかどうかを何の基準もなく客観的に判断するのは非常に難しい作業です。

そこで数値化するという考えが出てきます。その際わかりやすい物差しとして偏差値という判断軸が出てきます。偏差値は入学した大学・学部である程度判断することができますので学歴は1つの判断材料として使われます。高校や大学院のレベルを判断軸として取り入れるコンサルティングファームもありますが、多くは大学の学歴を見ます。また、大学の科目の成績を表すGPAという数値も判断材料となります。

コンサルティングファームは社員数が少ないファームが多いのですが、面接官は現場のコンサルタントが対応します。当然ながら、コンサルタントは面接官をするためではなく、クライアントの為にコンサルティングする為に存在します。現在、コンサルティングファームの応募者は非常に多くなっているため、全員と会うことは難しい。その為、応募者が多数の場合は何かしらの基準で判断しなければならない。その為、わかりやすい指標となる学歴を判断の1つとして取り入れるということになります。

課題解決力としてのステータス

コンサルティングファームはクライアントからコンサルティングフィーとして大変高額な金額をいただきます。
コンサルティングとは、誰でも手に取れば価値がわかるようなモノを提供するのではなく、成功するかどうかわからない課題解決サービスを提供します。そこで、クライアントの立場からすると、自分が価値を支払う課題解決力としてのコンサルタントがこれまでどんな経歴や経験を積んでいるかは知りたいものです。

その際、わかりやすい指標となる高学歴、海外MBAという経歴が重視されていると考えます。特にクライアントが大企業の場合、依頼主には高学歴、海外MBAホルダーが多いため、相手となるコンサルタントにも同じバックグラウンドを求めるという考えもあるでしょう。

例外としての専門性

ただし、どんなコンサルティングファームでも学歴を重視するわけではありません。
学歴よりも経験や技術、スキルを好むコンサルティングファームもあります。
例えば、そのコンサルティングファームの領域においては、高い専門性が重視される、という場合は専門性が重視されます。
ITのスペシャリスト、生産管理のプロフェッショナル、会計士や弁護士、といった専門性を学歴以上に重視するコンサルティングファームもあります。

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。

組織人事コンサルタント関連特集

>> その他の組織人事コンサル・人事転職特集はこちら



組織人事コンサルタントについて

組織人事コンサルタントの業務領域/職種 メニュー一覧

  • グローバル標準人事制度構築/改革やグローバル人材の管理・育成、グローバル拠点の組織アセスメント・人材アセスメント、海外要員管理などのコンサルティング

  • M&A(買収・統合)に伴う人事DD(デュー・デリジェンス)、人事制度統合、人事PMI(Post Merger Integration)、または、組織再編・分社化に伴う人材移管・ガバナンス体制再構築などのコンサルティング

  • 人事BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング/業務改善)、人事ITシステムの企画・導入、タレントマネジメントシステムの導入、人事シェアードサービス化、組織設計、BPR/IT変革時のチェンジマネジメントなどのコンサルティング

  • 人事戦略立案、組織構造改革、組織再編、また、人事制度構築/改革として、職務評価、等級制度設計、評価制度設計、報酬制度設計、役員報酬戦略・役員報酬制度構築などのコンサルティング

  • 人材育成体系構築、人材育成像の構築、個別人材育成/研修・組織開発プログラムの企画・開発、タレントマネジメント、サクセッションマネジメント、リテンションマネジメント、コーチングなどのコンサルティング。コンサルタントの他、人材育成:法人営業、講師などの職種もあります。

  • 採用戦略立案、求める人材像の構築、採用プロセス設計、採用業務のBPR(業務改善)、採用実務アウトソーシング、ソーシャルリクルーティング(SNS)支援、キャリアコンサルティングなどのコンサルティング

  • 年金・退職金制度設計/改革、退職給付債務等の評価、企業年金リスク管理などのコンサルティング

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。