組織人事コンサルタント転職 トップ >  特集 組織人事コンサル・人事転職 >  組織人事コンサルタントにおける英語の使用頻度と必要性について

【特集#16】組織人事コンサルタントにおける英語の使用頻度と必要性について


組織人事コンサルタントにおける英語の使用頻度と必要性について

もっと英語を使って業務がしたい、英語ができないので転職できるか不安である、こうした質問は求職者との最初の面談でよくあるお話です。また、コンサルタント=英語が出来なくはいけない、とお思いの方もいらっしゃいます。
組織人事コンサルタントの実際の業務、コンサルティングプロジェクトにおいて英語がどれくらい必要なのか、英語ができなくても転職できるのか、その疑問について今回は説明していきたいと思います。

まず、結論としては英語を多用して業務をすることができますし、一方で英語が不得意でも転職することが可能です。
それは、組織人事コンサルタントの中でも英語を必要とする領域と使わない領域があるためです。
当たり前の話かもしれませんが、英語を使いたければ英語を使う頻度が多い組織人事コンサルティングファームを選ぶことが良いですし、苦手であれば使用頻度が低いファームや、入社してから英語を学ぶことができる組織人事コンサルティングファームの環境を選ぶことがよいでしょう。

英語を使う頻度が高い組織人事コンサルタント

1.外国人比率が高く、社内での公用語が英語である組織人事コンサルティングファーム
2.海外のクライアント、海外オフィスとのやり取りが日常的に発生し、会議や電話、レポートにおいて英語を利用しないと業務が成り立たない組織人事コンサルタント職


があります。

1は、外資系コンサルティングファームということになりますが、外資系でも日本オフィスは日本人ばかりというコンサルティングファームもあります。外国人比率が高い組織人事コンサルティングファームの特徴として、日本オフィスの社員数自体が少ない傾向(目安は100名以下)にあります。

2については、

などが判断軸になります。

英語が使えなくても転職できる組織人事コンサルタント

1.日本人が多く社内での業務において日本語がメインとなる組織人事コンサルティングファーム
2.国内案件をメインに手掛けている組織人事コンサルティングファーム
3.海外案件に対して通訳を使って業務にあたることができる組織人事コンサルティングファーム

などがあげられます。

英語が使える組織人事コンサルティングファームに転職したい、あるいは英語が使えないから組織人事コンサルティングファームに転職するのは難しいのではないか、という点については上記のような軸で判断してみて下さい。ただし、中々それぞれの組織人事コンサルティングファームの実情を把握することは難しいことですのでその点は是非弊社のキャリアコンサルタントにご相談ください。

また、英語を使いたいということを転職理由として面接に臨む方がいますが、その理由で面接を突破することは難しいです。英語はあくまで目的に対する手段ですので手段を転職活動の目的にしてはいけません。また、英語を使う仕事がしたいのか、海外関連の仕事をしたいのか、単に海外出張がしたいのか、海外で勤務したいのかでもどんな組織人事コンサルティングファームに行くべきか、どんな組織人事コンサルタントを希望するのか異なりますのでその辺りも是非検討していただければと思います。

組織人事コンサルタント 求人情報

その他のコンサルタント求人はこちら

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。



組織人事コンサルタントについて

組織人事コンサルタントの業務領域/職種 メニュー一覧

  • グローバル標準人事制度構築/改革やグローバル人材の管理・育成、グローバル拠点の組織アセスメント・人材アセスメント、海外要員管理などのコンサルティング

  • M&A(買収・統合)に伴う人事DD(デュー・デリジェンス)、人事制度統合、人事PMI(Post Merger Integration)、または、組織再編・分社化に伴う人材移管・ガバナンス体制再構築などのコンサルティング

  • 人事BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング/業務改善)、人事ITシステムの企画・導入、タレントマネジメントシステムの導入、人事シェアードサービス化、組織設計、BPR/IT変革時のチェンジマネジメントなどのコンサルティング

  • 人事戦略立案、組織構造改革、組織再編、また、人事制度構築/改革として、職務評価、等級制度設計、評価制度設計、報酬制度設計、役員報酬戦略・役員報酬制度構築などのコンサルティング

  • 人材育成体系構築、人材育成像の構築、個別人材育成/研修プログラムの企画・開発、タレントマネジメント、サクセッションマネジメント、リテンションマネジメント、コーチングなどのコンサルティング。コンサルタントの他、人材育成:法人営業、講師などの職種もあります。

  • 採用戦略立案、求める人材像の構築、採用プロセス設計、採用業務のBPR(業務改善)、採用実務アウトソーシング、ソーシャルリクルーティング(SNS)支援、キャリアコンサルティングなどのコンサルティング

  • 年金・退職金制度設計/改革、退職給付債務等の評価、企業年金リスク管理などのコンサルティング

関連特集

>> その他の組織人事コンサル・人事転職特集はこちら

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。