組織人事コンサルタント転職 トップ >  特集 組織人事コンサル・人事転職 >  組織人事コンサルタントとしての女性のキャリアパス構築について

【特集#15】組織人事コンサルタントとしての女性のキャリアパス構築について


組織人事コンサルタントとしての女性のキャリアパス構築について

女性の求職者の方とお話をしているとほぼ毎回女性としてのキャリアパスについての質問をいただきます。女性はやはり男性よりも結婚、出産、育児というライフイベントを日ごろから意識していることを感じます。 どうしてもコンサルタントの仕事は

などというイメージをお持ちのようです。
そこで今回は女性にとっての組織人事コンサルタントのキャリアパスについて説明していきます。

INDEX

組織人事コンサルタントのイメージ

まず、上記のようなコンサルタントのイメージは組織人事コンサルタントの中で人事M&Aコンサルタントや人事BPR/ITコンサルタントを除けばあまりあてはまりません。コンサルタントが激務な理由は納期設定が厳しいためやプロジェクトにおいて突発的なトラブルが発生しやすいためです。例えば、採用コンサルタント、人材コンサルタント(キャリアコンサルタント)、人材育成・研修コンサルタントなどは、長期的なスケジュールの中でタスクをこなしていく場合が多く、突発的なトラブル発生しづらいため、長時間勤務が常態化する、徹夜が続くということはあまりありません。
その為、経験があれば時短勤務の場合などでもうまく対応できる職種といえます。

次に、そもそも組織人事コンサルタントは他のコンサルタントに比べて女性が活躍している割合の多い業界です。皆さんが転職相談した際の人材コンサルタント(キャリアコンサルタント)や企業研修受講時の研修講師が女性であった経験もあるのではないでしょうか。
これにはいくつか理由があると思います。組織人事コンサル業界は会社が若くフラットな環境が多いので男女が平等に活躍する文化が根付いている、人と関わる仕事がしたいという女性が多い、ということもあると思いますが、女性が長く勤めることができるキャリアであるという点もあると考えます。

人材コンサルタント(キャリアコンサルタント)のキャリアパス構築

ここでいう人材コンサルタント(キャリアコンサルタント)とは、人材紹介会社やエグゼクティブファームで働く求職者への転職支援、企業に対する採用支援を行うコンサルタントのこととします。 人材紹介会社やエグゼクティブファームは元々女性比率の高い会社です。また、特別な専門スキルが不要なため、異業種・異職種から転職がしやすい職種です。更に、パソコンと電話があれば場所を選ばす仕事ができるため、オフィスに通勤しなければいけないという制約はありません。その為、長時間勤務ができなくなった異業種コンサルタントの転職があります。また、出産後の育児期間でも仕事をしやすいコンサルタントといえます。人材コンサルタント(キャリアコンサルタント)は長く続けることで求職者、求人企業との関係も広がり、深まりますので長く続ければ続けるほど仕事環境は良くなります。1度転職を経験した人は常に転職を意識する傾向が強いので、常に信頼できる人材コンサルタント(キャリアコンサルタント)と関係を続け、相談する場合が多いです。その為、時間や場所の制約を受けづらい誰にとっても働きやすい環境といえます。

【関連特集】人材コンサルタント(アドバイザー)とは
https://www.hc-movin.com/special/special6.html

人材育成・研修コンサルタントのキャリアパス構築

人材育成・研修コンサルタント、とりわけ研修講師は各人が個別に持つスキルを武器に活躍できるコンサルタントです。例えば、組織開発・人材開発コンサルティングファームでは営業からスタートし、コンサルタントや研修講師になるというキャリアパスが敷かれている場合が多いです。また、研修講師にはビジネス経験・中でもマネジメント経験を求めるクライアントが多いため、大企業の役員やベンチャー企業の経営者などマネジメント経験が豊富な方を向かい入れて研修講師のスキルを徹底的に鍛える組織開発・人材開発コンサルティングファームもあります。人気のある研修講師はクライアントからも社内の営業からも個別の指名が入ることが多いため、人気講師は高稼働で仕事を続けることができますし、自分のペースで仕事を選択して働くことも可能です。また、そのような状況になれば会社に雇用されずに独立してフリーランスの講師として活躍することもできます。更に、人材コンサルタント(キャリアコンサルタント)と同様、電話とパソコンさえあれば場所を選ばない職業です。
その為、会計士や弁護士などの資格保有者や「手に職」系の職業と同様、自分のペースでコンサルタントを行うことが可能です。

ここまで述べたように組織人事コンサルタントはライフイベントが多い女性でも長期的にキャリアを構築することが行いやすい職業です。キャリアの節目を迎えている女性や長期的なキャリアを考え悩んでいる女性の方はまず弊社にお気軽にご相談ください。

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。



組織人事コンサルタントについて

組織人事コンサルタントの業務領域/職種 メニュー一覧

  • グローバル標準人事制度構築/改革やグローバル人材の管理・育成、グローバル拠点の組織アセスメント・人材アセスメント、海外要員管理などのコンサルティング

  • M&A(買収・統合)に伴う人事DD(デュー・デリジェンス)、人事制度統合、人事PMI(Post Merger Integration)、または、組織再編・分社化に伴う人材移管・ガバナンス体制再構築などのコンサルティング

  • 人事BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング/業務改善)、人事ITシステムの企画・導入、タレントマネジメントシステムの導入、人事シェアードサービス化、組織設計、BPR/IT変革時のチェンジマネジメントなどのコンサルティング

  • 人事戦略立案、組織構造改革、組織再編、また、人事制度構築/改革として、職務評価、等級制度設計、評価制度設計、報酬制度設計、役員報酬戦略・役員報酬制度構築などのコンサルティング

  • 人材育成体系構築、人材育成像の構築、個別人材育成/研修プログラムの企画・開発、タレントマネジメント、サクセッションマネジメント、リテンションマネジメント、コーチングなどのコンサルティング。コンサルタントの他、人材育成:法人営業、講師などの職種もあります。

  • 採用戦略立案、求める人材像の構築、採用プロセス設計、採用業務のBPR(業務改善)、採用実務アウトソーシング、ソーシャルリクルーティング(SNS)支援、キャリアコンサルティングなどのコンサルティング

  • 年金・退職金制度設計/改革、退職給付債務等の評価、企業年金リスク管理などのコンサルティング

関連特集

>> 人材育成・研修コンサルタントのキャリアパス構築の組織人事コンサル・人事転職特集はこちら

お一人お一人に合わせた転職支援、専任のコンサルタントがサポート

ムービンでは大手には出来ない、お一人お一人に合わせた転職支援をご提供しております。
組織人事コンサルタントへのご転職をお考えの方は、ご自身では気づかれない可能性を見つけるためにもぜひ一度ご相談ください。