金融転職 ファンド・M&A転職、公認会計士転職のムービン

転職支援サービスのご紹介   無料転職サポートのお申込み



組織人事コンサルタント転職 トップ >  主要企業一覧 >  戦略系コンサルティングファーム >  ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)転職・採用情報

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は、1963年ブルース・ヘンダーソンや、後に初代日本支社代表も務めたジェイムズ・アベグレンらによって設立された、経営戦略コンサルティングファーム。
同社を経て、経営者、大学教授等に転じた著名人も多く人材輩出ファームとしても有名。
最近は大手事業会社の経営企画に入り込み、クライアントと共に戦略立案だけでなく実行支援を手掛けているケースも多い。プロボノ活動として、WFP (国連食糧計画)やSave The Childrenなどに無償でコンサルティングを提供したりもしている。

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)について

コンサルティングファームへの転職・キャリア相談会

会社概要:ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)

社名 株式会社ボストン・コンサルティング・グループ
URL http://www.bcg.co.jp/
代表 日本代表 杉田浩章
設立 1966年(日本オフィス)
所在地 東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート

事業概要・領域:ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は、1963年ブルース・ヘンダーソンや、後に初代日本支社代表も務めたジェイムズ・アベグレンらによって設立された、経営戦略コンサルティングファーム。
全世界48ヶ国 85拠点、約12,000人のスタッフを擁する。東京オフィスは1966年にボストンに次ぐ2番目の拠点として設立されました。日本における社員数は約400名。
現在非常に積極的に採用活動をしている1社です。
BCGは様々な業種、サービスラインを対象としています。
戦略は実行されて初めて業績にインパクトをもたらします。その為、戦略コンサルティングファームとしてBCGでは企業戦略の実行面もサポートしています。
そこでクライアントの戦略実行と競争優位の構築を、組織・人材の面からご支援しています。

組織人事関連のプロジェクト例:

  • PMIにおける組織・人事システムの設計
  • 企業トランスフォーメーションにおける
    組織・人事改革の実行
  • 新規事業拡大のための新たな組織体制構築
  • グローバル組織の構築
  • グローバル人事制度の改革
  • グローバル人材育成プログラム実行
  • 次世代幹部育成プログラム実行
  • チェンジマネジメントの組織能力構築

 

ファームの魅力(特徴):ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)

「Working with client」「カスタムメイドの解決策」という哲学のもと、クライアントと緊密なパートナーシップを築き、協力し合うことで、独自の解決策や新たなインサイトを生み出し、単独では生み出せない優れた成果を実現することを目指しています。この成果を実現するために、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)のコンサルタントは最高品質や結果にとことんこだわる「プロフェッショナリズム」を有し、ファームとしては「多様性からの連帯」を掲げ、様々なバックグラウンドを持つ人材の個性を尊び、強みを伸ばす文化を有しています。
そのため、面接においても候補者の個性や強みを引き出したり、実際のプロジェクトのようにディスカッションベースで展開していくことが多いです。ディスカッションを通して、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)のコンサルタントとしての可能性を見られます。
同社を経て、経営者、大学教授等に転じた著名人も多く人材輩出ファームとしても有名です。最近は大手事業会社の経営企画に入り込み、クライアントと共に戦略立案だけでなく実行支援を手掛けているケースも多くあります。また、BCGデジタルベンチャーズを立ち上げ、デジタル領域も積極的に強化しています。

 

書籍情報:ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)

BCG流 競争戦略 加速経営のための条件

著者:デビッド・ローズ、ダニエル・ステルター、訳:酒井 泰介、解説:内田 和成
出版日:2010/10
出版社:朝日新聞出版

歴史を振り返ると、業界秩序に変化が起こりやすい景気後退・低迷期に、市場ポジションを大きく向上させた企業も見られます。大恐慌などの経済危機・停滞期に同業他社を上回る業績をあげた企業の研究を基に、低成長期に持続的競争優位の礎を築くためのヒントを提示します。 amazonで本を購入する

ウーマン・エコノミー 世界の消費は女性が支配する

著者:マイケル・J・シルバースタイン、ケイト・セイヤー、監訳:津坂 美樹、森 健太郎、訳:石原 薫
出版日:2009/12
出版社:ダイヤモンド社

女性は世界の消費の64%を支配し、その購買力は上昇しています。消費者向けビジネスに携わる企業にとって、女性市場は今世紀最大のチャンスと言えるでしょう。『なぜ高くても買ってしまうのか』『なぜ安くしても売れないのか』で、「一人二極化消費」の購買心理を探った著者らが、本書では女性の購買力とその深層心理に焦点をあわせました。世界各国1万2000人へのアンケートと、インタビューを通じ、現代のリアルな女性像をつかみ、彼女たちを味方につけるための企業への示唆を抽出しています。 amazonで本を購入する

思考する営業 BCG流営業戦略

著者:杉田 浩章
出版日:2009/10
出版社:ダイヤモンド社

これまでの成功法則が通用しない時代に、どうしたら疲弊する営業現場を再生し、営業の生産性を飛躍的かつ持続的に高めることができるだろうか。このような課題の解決に有効な手法が「営業TQM」です。そのポイントとして、「科学の目」、「営業の提供価値の再設計」、「営業組織としての『型』」、「思考する営業」の4つがあげられます。さまざまな企業の営業改革をお手伝いしてきたBCGの経験を基に、確かな介在価値をもった営業組織を創る方法論について解説します。 amazonで本を購入する

不況後の競争はもう始まっている 景気後退期の戦略行動とは何か

著者:ボストン・コンサルティング・グループ
出版日:2009/7
出版社:ダイヤモンド社

金融危機の背景と実態は何か。実体経済にどのような影響をもたらすのか。企業はどのような対策を講じるべきか。危機後の勝ち組となるには、何を考え、何をなすべきか。――これらのテーマについて論じてきたBCGのレポート「コラテラル・ダメージ」シリーズの一部、および、ハーバード・ビジネス・レビュー誌掲載の論考を再編集しました。 amazonで本を購入する

経営思考の「補助線」

著者:御立 尚資
出版日:2009/6
出版社:日本経済新聞出版社

一見、複雑きわまりないように見える事象も、「補助線」を引いてみると、鮮やかに解が見えてくることがあります。タテ、ヨコ、斜め、遠近、古今、さまざまな視点から眺め、類推しながら、日本の経済や社会を取り巻く「潮目の変化」を読み解き、次代を切り拓くヒントを探ります。
日経ビジネスオンラインに連載された「御立尚資の『経営レンズ箱』」を基に加筆編集したビジネス・エッセイ。
amazonで本を購入する

新興国発 超優良企業

著者:ハロルド・L・サーキン、ジェームズ・W・ヘマリング、アリンダム・K・バッタチャヤ、、監修:水越 豊、訳:中山 宥
出版日:2008/10
出版社:講談社

時代は「グローバリゼーション」から、「グローバリティ」へ。「グローバリティ」とは、あらゆる国の、あらゆるプレーヤーと、あらゆるものを争う時代。資源、人材、顧客、市場、流通、パートナーシップ、技術、資本…様々なものを争う。新興国発の企業が独自のモデルで次々頭角を現し、業界を変えていく。競合企業として、あるいは顧客、パートナーとして、既存企業の前に現れる。ロールモデルになる可能性もある。
新興国発チャレンジャー企業の強みの源泉と、グローバリティ時代の競争に勝ち抜くためのカギについて考察します。
amazonで本を購入する

いま起こりつつある“かすかな兆候”を見逃すな! 競争優位戦略の視座

著者:ジョージ・ストーク、訳:太田直樹
出版日:2008/10
出版社:ファーストプレス "MEMO TO THE CEO"シリーズ

「タイムベース競争戦略」など数々の経営戦略コンセプトを開発してきたジョージ・ストークは、日頃から興味をそそられるテーマに関する「オープン・ファイル」を作成しています。その中から、近い将来、企業の競争戦略上重要になる「兆し」が見え始めたテーマを5つ取り上げ、考察します。 amazonで本を購入する

BCG流 成長へのイノベーション戦略

著者:ジェームズ・P・アンドリュー、ハロルド・L・サーキン、監訳:重竹尚基、小池仁、訳:遠藤 真美
出版日:2007/11
出版社:ランダムハウス講談社

いま多くの企業が成長の源泉として、新商品・サービス開発、事業開発、新たなビジネスモデルや顧客体験の創造、プロセス改善などのイノベーションに熱い視線を向けています。しかし、カネ、ヒト、時間の投入に見合うリターンをあげている企業は多くはありません。本書は、イノベーションを事業として結実させ、キャッシュリターンを生み出すための、体系的なマネジメントの枠組みを紹介します。アイデアの創出だけでなく、プロセス/ポートフォリオ全体の包括的なマネジメントや、最適なビジネスモデルの選択、適正なリーダーシップや組織連携が不可欠です。 amazonで本を購入する

コンサルティング入門

著者:内田 和成
出版日:2007/7
出版社:ゴマブックス BBTビジネス・セレクト

ビジネス専門チャンネル「ビジネス・ブレークスルー(BBT)」で放映された「経営コンサルティング講座 入門編・応用編」が、ライブ感を活かした新書になりました。 amazonで本を購入する

BCG流 非連続思考法

著者:リュック・ド・ブラバンデール、監訳:森澤 篤、訳:秋葉 洋子
出版日:2006/7
出版社:ダイヤモンド社

どうすればもっとクリエイティブになれるのだろう? 組織も個人も、既存のジレンマや矛盾を越えてクリエイティブに進化を遂げるためには、“現実の継続的な変化”という坂道と、“認識の断続的な変化”という階段を上る必要があります。頭の中でパチンと音を立てて「非連続な認識のジャンプ」が生まれる瞬間は、どうしたら訪れるのか。クリエイティビティを生み出すメカニズムに迫ります。 amazonで本を購入する

使う力

著者:御立尚資
出版日:2006/4
出版社:PHPビジネス新書

「勉強して経営知識を増やさねば」―こんな不安感、焦燥感にかられることはありませんか。経営知識はもちろん重要ですが、本当に大事なのは、「知識」×「使う力」という掛け算で、結果を出すこと。ビジネスリーダーを目指す方々のために、正しい意思決定を行い、組織を動かして、結果を出していくために不可欠な「使う力」を、日々の仕事と学びを通じて楽しく磨いていく術を考えます。 amazonで本を購入する

仮説思考

著者:内田 和成
出版日:2006/3
出版社:東洋経済新報社

何も実行しないことが大きなリスクになる今日、網羅的な情報収集を続け、意思決定のタイミングを遅らせるわけにはいきません。限られた情報を基に最適な意思決定をするうえで有効なのが「仮説思考」です。早い段階から自分なりの答えをもち、全体像や結論から考えることで、迅速に課題の本質を解明し、実効を生む解決策をつくり出すことができます。仮説思考の効用、仮説構築・検証・進化のしかた、仮説思考力の高め方について解説します。 amazonで本を購入する

金融業の収益「力」を鍛える

著者:本島 康史
出版日:2005/9
出版社:東洋経済新報社

不良債権のトンネルをくぐり抜けた日本の金融機関は、今度は世界規模の企業価値成長競争にさらされています。こうした状況に対処するには既にできあがった他行の戦略を真似するのではなく、各金融機関の個性に応じた独自の差異化戦略を作りこむ必要があります。本書は、独自の経営戦略をつくるための「技」をご紹介します。この「技」は、戦略的思考の「型」を理解し、その使い方をマスターすることによって身につけていくことができます。 amazonで本を購入する

経営者になる 経営者を育てる

著者:菅野 寛
出版日:2005/6
出版社:ダイヤモンド社

優れた経営者との議論と、筆者のコンサルタントとしての経験に基づき、経営者に必須のリーダーシップ能力を抽出し、それらの能力を実践的に身につける方法を提案します。
本書では、経営者に求められる能力を、「科学系スキル」と「アート系スキル」に大別し、「アート系スキル」に焦点を当てます。暗黙知である「アート系スキル」を、エッセンス・スキルに因数分解して、できる限り形式知化して習得する方法を追求しています。
amazonで本を購入する

法人営業「力」を鍛える

著者:今村 英明
出版日:2005/4
出版社:東洋経済新報社

BCGでは様々な業界の多くの企業に対して、営業・マーケティング分野での業績アップのお手伝いをしてきました。そうした支援経験を基に、企業や政府機関、学校、病院などの組織を相手にした取引に共通に見られる問題や課題を分析し、法人営業の効果と収益性を高めるための考え方や手法を、事例をまじえて紹介します。
営業業績向上のカギとなる「マーケティング・ロジック」の基本的な要素や、ソリューションやコラボレーションなど新しい取引方法の構築のしかた、営業生産性を高める手法、プライシングの手法など、法人営業力を高める打ち手について解説します。
amazonで本を購入する

「徹底力」を呼び覚ませ!

著者:ジョージ・ストーク、ロブ・ラシュナウアー、ジョン・ブットマン、監訳:ボストン・コンサルティング・グループ、訳:福嶋 俊造
出版日:2005/4
出版社:ランダムハウス講談社

決定的な競合優位を築くための普遍的な6つの戦略を、「真剣勝負」(本書で言う「ハードボール・プレイ」)で勝つことを徹底的に追求してきた企業の事例とともに解説します。長年経営の最前線で活躍してきたコンサルタントならではの視点で、厳しい局面における経営者の決断や生の声のつまった事例が語られています。
著者の一人ジョージ・ストークは、「タイムベース競争戦略」(T・ハウトとの共著)や「カイシャ」(J・アベグレンとの共著)で、日本企業の強さを競争原理の観点から解明したことで知られていますが、本書でもトヨタをはじめとする日本企業の果敢な戦略がとりあげられています。
amazonで本を購入する

なぜ高くても買ってしまうのか

著者:マイケル・J・シルバースタイン、ニール・フィスク、ジョン・ブットマン、監訳:杉田 浩章、訳:ボストン・コンサルティング・グループ
出版日:2004/1
出版社:ダイヤモンド社

ちょっと背伸びをすれば手の届く新しいタイプの贅沢品-「ニューラグジュアリー」が、高価格ながら大量に売れています。その買い手は、“自分にとって大切なものなら、ワンランク上の商品・サービスを迷わず買う”ふつうの消費者たち。先行するアメリカ市場を中心とした、BCGの10年以上に及ぶ研究を基に、この拡大しつつある現象の背景にある消費者の心理メカニズムを分析し、消費者の心を満たし思い入れを実現する商品・サービスを提供するための示唆を提示します。 amazonで本を購入する

戦略「脳」 を鍛える

著者:御立 尚資
出版日:2003/11
出版社:東洋経済新報社

戦略論を勉強するだけでは、“勝てる戦略”はできません。アカデミックな戦略論が提示する枠組みを“定石”として理解したうえで、新たな戦い方をイノベートする能力を身に付けた者だけが、自らを差別化し、競合優位に立つことができます。BCGでは、この能力を“インサイト(Insight)”と呼んでいます。
本書は、この“インサイト”の本質を、できる限り言語化し、理解しやすい形で解説することを第一の目的とし、“インサイト”につながる頭の使い方を疑似体験していただくことを第二の目的としています。
amazonで本を購入する

BCG戦略コンセプト

著者:水越 豊
出版日:2003/11
出版社:ダイヤモンド社

1963年の設立以来、世界各地のさまざまな顧客企業が独自の戦略を構築するお手伝いをしてきたBCGの経験から生まれたフレームワーク―それが、BCG戦略コンセプトです。個々の顧客企業のそれぞれの問題に対するソリューションには同じものが2つとないものの、コンサルティング経験を通して培われた問題解決の視点と科学的分析の蓄積が、これらのコンセプトへと結晶化しました。
本書では、数あるコンセプトのなかから6つを取り上げ、時代や環境を超えた競合優位性構築への示唆と、その今日的意味につき解説します。
amazonで本を購入する

銀行経営戦略論

著者:本島 康史
出版日:2003/7
出版社:日本経済新聞社

日本の銀行が再生する上で必要なものは、詳細な技術論ではなく、逆転の経営思想です。日本の銀行は必ず復活するという信念の下、「なかなか解決しない銀行問題」に対して、これまでの議論とは全く異なる視点から構造的な解決策の枠組みを提示します。
その核となるのが次の3点です。

・銀行事業の本質に即した銀行事業「ならでは」の経営戦略論
・銀行の外に視野を広げて、銀行問題の原因と解決策を 社会全体のレベルで議論する「ダイナミック戦略論」
・銀行の力の源泉である従業員一人ひとりの視点に立った、企業文化や組織能力の構造的変革を行うための枠組み
amazonで本を購入する

電力・ガス自由化『勝者の条件』

著者:今村 英明
出版日:2002/12
出版社:エネルギーフォーラム

自由化時代を迎えて、電力・ガス会社は企業として勝ち残るために、組織や人材、社員の意識をどう変えていくべきか? 電力・ガス会社の社員がビジネスマンとして生き残るために、自らをどう変えていくべきか?
この本では、これらの課題認識と解決の方向性に関する仮説を提示します。電力・ガス業界の方々はもちろん、環境変化の中経営改革の必要に迫られている他業界の方々にも、自らの解決策を考える刺激・触媒としてご活用頂ければ幸いです。
amazonで本を購入する

クラウゼヴィッツの戦略思考

編著:ティーハ・フォン・ギーツィー/ボルコ・フォン・アーティンガー/クリストファー・バスフォード、訳:ボストン・コンサルティング・グループ
出版日:2002/4
出版社:ダイヤモンド社

プロイセンの将軍 カルル・フォン・クラウゼヴィッツの遺作「戦争論(On War)」(1832年)は、激動の時代に求められるリーダーシップと意思決定の本質について深く洞察しています。クラウゼヴィッツの思想を、読みやすい形で現代の経営幹部の方々にご紹介したいという願いの下、「戦略」という切口で「戦争論」のエッセンスを再構成したのがこの本です。
不確実性を戦略の源泉と見るクラウゼヴィッツの哲学が、競争秩序が大きく変わる変革期を生きる読者ご自身の戦略思考を築くための一助となれば幸いです。
amazonで本を購入する

チェンジモンスター

著者:ジーニー・ダック、訳:ボストン・コンサルティング・グループ
出版日:2001/12
出版社:東洋経済新報社

チェンジモンスターとは? 変革を阻害する組織内の人間的・感情的な要因をさします。あたかも「怪物」のように、変革の途上で様々に姿を変えて出現し、変革を妨害し挫折させようと暴れまわります。
この本では、チェンジモンスターを的確に把握し退治しつつ、変革を最後まで成功に導くための戦略的チェンジ・マネジメントの手法とノウハウをご紹介し、強い組織に再生する変革の道筋につき解説しています。
amazonで本を購入する

戦略マーケティング

著者:ボストン・コンサルティング・グループ、訳:ボストン・コンサルティング・グループ
出版日:2000/11
出版社:ダイヤモンド社

企業や個人が「常識」として何気なく「妥協」していることを打ち破るところに大きなビジネスチャンスがある―これが、この本の基本コンセプトです(原題:Breaking Compromises)。
「妥協」をキーワードに、経済の停滞、成熟した市場、差別化要因の減少、異業種からの参入など、八方塞がりの経営環境をブレークスルー(突破)する考え方をご紹介しています。
amazonで本を購入する

eエコノミーの企業戦略

著者:内田 和成
出版日:2000/7
出版社:PHP研究所

本書は、ネットワーク社会における変化を、企業のあり方・人の働き方、消費者の行動、市場の進化という3つの側面から考察しています。
バリューチェーンの再構築、競争のルールの変化、消費者主導の市場形成、企業と人の新たな関係といった視点から、e型ビジネスに適合した組織・リーダーのあり方や経営戦略策定のアプローチを探っています。
amazonで本を購入する

ネット資本主義の企業戦略

著者:フィリップ・エバンス/トーマス・S・ウースター、訳:ボストン・コンサルティング・グループ
出版日:1999/11
出版社:ダイヤモンド社

ネットワーク経済やEコマースの進展は、産業構造にどんな変化をもたらし、競争戦略にどんな影響を与えるのだろうか。
BCGがこの大命題を探求する中で見出したのが、「新しい情報の経済原理」と呼ぶ一連のロジックでした。この本では、急速な変化と混沌の中での戦略上のジレンマに対処し、ネット資本主義の時代を勝ち抜くための基本的な考え方につき解説しています。
amazonで本を購入する

世界標準経営

著者:堀 紘一、ボストン・コンサルティング・グループ
出版日:1997/11
出版社:PHP研究所

本書は、BCGの全世界でのコンサルティング経験の中から、戦略的発想のエッセンスを抽出して編み上げたアンソロジーです。様々な経営学上のテーマに関する「ものの見方」が凝縮されています。
経営者・経営幹部の方々に、発想を刺激するヒントとしてお役立て頂ければ幸いです。
amazonで本を購入する

デコンストラクション経営革命

著者:内田 和成
出版日:1998/11
出版社:日本能率協会マネジメントセンター

デコンストラクションとは、「従来の事業の定義と競争のルールを異なる視点で捉え直すことで、新しい事業や競争ルールに生まれ変わること」を意味します。
本書では、デコンストラクションを自ら仕掛け、バリューチェーン(価値連鎖)の分解・再構築により新たなビジネス・モデルを構築したり、デコンストラクションから自社の事業を防衛したりするための考え方につき、解説しています。
amazonで本を購入する

ケイパビリティ・マネジメント

著者:ボストン・コンサルティング・グループ、 監修:堀 紘一
出版日:1994/6
出版社:プレジデント社

「ケイパビリティ」とは、企業が有する"組織としての能力"をさします。ケイパビリティ構築には多大な知恵と努力が必要ですが、一度構築してしまえば大きな優位性となります。どうしたら、他社と差別化し独創的な価値を生み出してゆくためのケイパビリティを獲得し、組織に植え付けてゆくことができるのか。本書では、そのアプローチにつき解説しています。 amazonで本を購入する

ヴァリューポートフォリオ戦略

著者:相葉 宏二、 監修:堀 紘一
出版日:1993/11
出版社:プレジデント社

「ヴァリューポートフォリオ」とは、"企業ビジョンとの整合性"と"企業価値への貢献"という二つの軸によって、各事業ユニットのその企業にとってのポジショニングを見極める手法です。本書では、この手法を用いて、客観的かつ長期的視野から、事業ポートフォリオの戦略的再構築を図るアプローチにつき解説しています。 amazonで本を購入する

人事コンサルティングファームにご興味のある方に、今後のキャリアについてのご相談や、人事コンサルティング業界についての個別相談会を随時実施しています。
コンサルティング業界概観や人事コンサルタントになるために必要なこと、その他ざっくばらんな意見交換・ご相談をさせて頂きながらアドバイス等できればと思っております。

コンサルティングファームへの転職・キャリア相談会

このファームに関するご質問・ご相談などございましたら、弊社キャリアコンサルタントまでご遠慮なくお問い合わせください。


人事コンサルティングファーム・企業一覧